すっかりオンライン講義に馴染んできました。

こんにちは。浜松は今日も快晴です!

◆今月から2ヶ月半ぶりに空手道の道場稽古に復帰し先週は3回参加しました。間瀬弘明師範から「長いブランクを全然感じさせない動き」をしていると誉めて貰いました。道場に通えない間も、自宅での自主稽古をやっていたことが功を奏したようです(1時間程度を計50回)。

◆お陰様で、すっかりオンライン講義に馴染んできました。オンラインは移動が無くて楽ですが、その場で氣を通わせ合えるリアルと違い、数秒間の声の途切れも許されません。氣を抜けない緊張感が講義終了まで、ずっと続くのです。これはこれで、かなりのエネルギーを使うということがよく分かってきました。

◆3日(水)は、24年目に入っている東京・経世志塾(長屋貢司代表)のオンライン講義でした。初参加者も多かったので、経世志塾「建塾の精神」ならびに「五誓」の意味の説明からやりました。

それから、6日(土)は名古屋綜學院(尾花智明代表)、7日(日)は京都綜學院(小笹嘉洋代表)の6月度講座でした。それぞれ3時間の講義の後、「人生プログラム」の発表と林からのアドバイスを実施。講義+発表に、名古屋は計8時間、京都は計7時間を要しました!

アドバイスは責任重大です。院生個々の立志大成と、それを大きく日本創成+共生文明創造に結ぶため、一所懸命指導しなければなりません。そこで、励ましたり労ったりするばかりでなく、本人が気付いていない氣の緩みが見える場合は、厳しい言葉で打ち込みました。

なお、来年は名古屋・京都に続いて、東京にも綜學院が開学されます。東京は全国を対象に、ハイブリッド開催でスタートします。

◆明明後日11日(木)は、浜松「東林志塾」で講義します。
☆東林志塾(浜松)日時:6月11日(木)午後6時30分~9時00分
※リアル+オンラインのハイブリッド開催です!
世界と日本の動きを読む~「新型コロナウイルス収束後の心得 他」
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(26)仁はまごころ、その実践が礼。政治には三つの基本があり、その一番が信用。財政が苦しいときほど減税せよ! 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(26)他国の自主権に干渉し、自国の主張を通そうとするのがアメリカの流儀。知識が増えるほど、知恵が薄くなるのはどうしてか。他
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円 
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944