先に憂え、後れて楽しむ(先憂後楽)

こんにちは。
浜松事務所のリンゴの木から若葉が出てきました。

◆人の器というものは、結局のところ本人の意識の置き所が決めます。坂本龍馬は、常に日本全体を意識していたから「日本を洗濯」出来たのです。

坂本龍馬や西郷隆盛、勝海舟らは下級武士でした。平和な時代なら、大きな活躍の舞台を与えられないまま人生を終えたでしょう。

しかし彼らは、幕末維新期という乱世のエネルギーを存分に吸収しました。そして、意識を天下国家に置くことで本物の志士となったのです。

自分を伸ばしてくれるのは自分、自分をダメにするのも自分です。志を大きく持って、日本や世界を我が事として心配しようではありませんか!

◆19日(木)発売の「週刊文春」に、綜観を含めて松下政経塾1期生4名が紹介されます。どういうふうに載るのか分かりませんが、どこかで目に止まりましたらご覧下さい。

◆明日から京都→岡山→広島→神戸を回ります(京都は政治家天命講座)。

岡山セミナー じっくり味わう「松下幸之助翁に学ぶ人生の智慧」第7回
『実践経営哲学』をテキストに、松下翁の説く繁栄のコツを学び合います。
対立しつつも調和せよ。調和協力関係の築き方~その基本3綱領とは。
経営は生きた総合芸術である。経営は「日に新た」でなくてはならない。他
日時:4月14日(土)午後6時~8時
会場:サン・クリニック アイナリーホール(岡山市中区中井248‐8)
申込:電話086・275・9501(月~金 10:00~17:00)

広島文明維新塾 4月15日(日)午後1時30分~4時30分
昭和の大思想家・パナソニック創業者「経営の神様は、こう語った」
国難の日本。今こそ、松下幸之助塾長の原点に帰ろう!
人より先に憂い、人より後に楽しむのが経営者
成功を邪魔するのは自分自身であることを肝に銘じよ 他
※江口克彦著『松下幸之助【随聞録】心はいつもここにある』PHP文庫を使用
会場:NPO法人アートサロン広島(代表理事 槙田千鶴枝さん)
参加費:ビジター3000円
電話090・4650・1011(代表世話人 脇晃司さん)

今啓林会(神戸)4月16日(月)午後6時30分~9時
昭和の大思想家・パナソニック創業者「経営の神様は、こう語った」
国難の日本。今こそ、松下幸之助塾長の原点に帰ろう!
人より先に憂い、人より後に楽しむのが経営者
成功を邪魔するのは自分自身であることを肝に銘じよ 他
※江口克彦著『松下幸之助【随聞録】心はいつもここにある』PHP文庫を使用
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

●日記● 平成24年4月9日~10日

★☆先に憂え、後れて楽しむ(先憂後楽)

4月9日(月)、東林志塾の三役である塾頭の日内地孝夫さん、副塾頭の内田鉱二さん、事務局・会計の野上孝さんが浜松事務所に来所し、今月から始まる第17期について打ち合わせ。今年中に例会は通算200回を越える。

4月10日(火)、午前中歯医者に行く。虫歯ではなく、噛み合わせの調整で済んだ。歯周病の検査もしたが、歯茎が大変キレイで問題なしと言われる。

夜は東林志塾例会で講義。松下幸之助翁は、人より先に憂え、人より後れて楽しむのが経営者だと語った。人と共に憂え、人と共に楽しむようではいけないとのことだ。