政治改革も日本再生も、マコトが無ければ決して成功しない

おはやうございます。
寒くなったり、暑くなったり。
体調を崩されませんよう、くれぐれもご注意下さい。

◆今日17日(木)は大阪、20日(日)は広島、21日(月)は神戸で講義します。

一般社団法人・政経倶楽部連合会・大阪支部5月記念例会(12回目)
日時:5月17日(木)午後6時~8時45分
テーマ:日本改新! 歴史の転換点に起つ、林英臣政経塾の建設革命
この数年間、政界は群雄割拠。旧体制は、音を立てて壊れていく。
その後、建設革命を担う勢力が台頭。日本改新は、そこから始まる!
パネルディスカッション 林塾・塾士 4名
会場:新大阪ワシントンホテルプラザ 最寄り駅 JR新大阪駅徒歩5分
会費:会員無料 ビジター2000円

広島文明維新塾 5月20日(日)午後1時30分~4時30分
昭和の大思想家・パナソニック創業者「経営の神様は、こう語った」
国難の日本。今こそ、松下幸之助塾長の原点に帰ろう!
仕事の意味や内容を知った上で部下に任せよ。
不況は、かつてない革新を生み出すチャンスとなる。 他
※江口克彦著『松下幸之助【随聞録】心はいつもここにある』PHP文庫を使用
会場:NPO法人アートサロン広島(代表理事 槙田千鶴枝さん)
参加費:ビジター3000円
電話090・4650・1011(代表世話人 脇晃司さん)

今啓林会(神戸)5月21日(月)午後6時30分~9時
昭和の大思想家・パナソニック創業者「経営の神様は、こう語った」
国難の日本。今こそ、松下幸之助塾長の原点に帰ろう!
仕事の意味や内容を知った上で部下に任せよ。
不況は、かつてない革新を生み出すチャンスとなる。 他
※江口克彦著『松下幸之助【随聞録】心はいつもここにある』PHP文庫を使用
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

●日記● 平成24年5月11日~16日

★☆政治改革も日本再生も、マコトが無ければ決して成功しない

5月11日(金)、岡山「大和言葉の世界観」講座で「マコト」について話す。マコトは真事(マコト)であり真言(マコト)だ。事実と言葉が一致しているから、誠(マコト)や信(マコト)になるのである。

マコトは日本人の人生観の根本であり、これを基本に日本社会が成立してきた。政治改革も日本再生も、マコトが無ければ決して成功しない。何をするのでも「マコトの復活」につなげるのが、これからの成功の秘訣となるだろう。

会場のサン・クリニック「アイナリーホール」に50名近い参加者が参集。遠くは岐阜からの参加者もいらした。

私欲で地位を得たいと思って地位に就いてはならない

終了後、伊予三島に移動し、四国中央立志会「社員セミナー」で講義。「二宮尊徳に学ぶ日本人の生き方・考え方」の第8回目として、困ったときに、まず人のためになることをしたというエピソードなどを話す。

父を亡くした二宮少年が、田畑を耕そうと思ったら鍬が壊れていた。隣の家から借りようと思ったが、こちらも畑を耕して菜種を蒔くところだから貸せないと言う。

「ならば僕が耕してあげましょう。ついでに菜種も蒔きましょう」と言って、二宮少年は隣の畑で作業をした。感心した隣の主人は、鍬ばかりでなく何でも用立てするから、遠慮なく頼みなさいと言ってくれた。困ったときほど人の役に立つことをすれば、道は必ず開けるという教訓である。

私欲で地位を得たいと思って地位に就いてはならないという教えも重要だ。地位を得たいという思いが強ければ、何らかの策略を巡らし、他を蹴落としてのし上がっていくことになる。ところが策士は策に溺れるもので、恨みを集め後になってしっぺ返しを受けることになるから注意せよという話である。

★☆国是と志士群と学問(教育)があれば、新しい日本を興せる!

5月12日(土)午前、四国中央立志会「社長セミナー」で講義。盛衰で捉えるナルホド近現代日本史の最終回だ(第6回目)。戦後復興、バブル経済の崩壊、失われた20年の流れを解説し、これから新日本SSをどう興すかについて述べた。

それには、戦後の長い“アメリカ占領下”から脱すことや、膨張を続ける中国に負けない国家体制を創ることと共に、新しい国是の創造と、それを担う志士群の登場、さらに志士を育成する学問(教育)が必要になることを話した。

5月13日(日)~16日(水)、連日新著の校正作業を進める。