今からの数年間、政界は群雄割拠となる

こんばんは。皆さま、お元気ですか。
綜観は、風邪で日曜日からダウンしており、今日も本調子ではありません。
そのため、広島と神戸の勉強会を欠講してしまいました。

主催者の皆さんには、ご迷惑とご心配をお掛けしました。心からお詫び申し上げます。連続セミナーですから、次回取り戻せるのが救いです。

◆27日(日)は東京、28日(月)は福島で講義します。
綜學義塾(東京)5月27日(日)午後2時~5時
儒家・道家・兵家…「中国思想入門」
研修の狙い→中国思想の全体像を掴み、「中心軸」と「懐の深さ」と
「勝つための知恵」を養う
会場:日本大学桜門会館(千代田区五番町2-6)JR市ヶ谷駅徒歩2分
受講料:一律5000円 懇親会費別途(午後5時~7時)
綜學義塾事務局:03・3700・5511(新舘建設株式会社内)

双林塾「東北の志」復興講座 5月28日(月)午後6時半~8時半
「知の学び」其の一 世界文明 編
「世界人類は、これからどこへ向かうのか」21世紀は東西文明の交代期
会場:林′養魚場 ますつり公園 にじます亭(福島県西白河郡西郷村)
受講料:4000円
主催:綜學社 福島県支部  協賛:林養魚所
申込・お問い合せ:090-2436-0027(野地数正さん) info@kajiblue.com

●日記● 平成24年5月17日~23日

★☆今からの数年間、政界は群雄割拠となる

5月17日(木)、一般社団法人・政経倶楽部連合会・大阪支部一周年記念例会で、基調講演とパネルディスカッションのパネラーを務める。テーマは「日本改新!歴史の転換点に起つ、林英臣政経塾の建設革命」。

今からの数年間、政界は群雄割拠となる。各地に誕生する政治塾によって、旧体制は音を立てて壊れていくだろう。しかし、急に膨らんだものはバブル崩壊のように萎んでいく。その後、建設革命を担う勢力が台頭し、日本改新はそこから本格的に始まるということを述べた。

コーディネーターは、畑中政昭塾士(4期卒・大阪府高石市議会議員)
パネリストは、下記の3名と綜観。
岡本忠蔵塾士(2期卒・京都府議会議員・天命部会長)
吉田康人塾士(5期卒・元大阪府高槻市議会議員・国是部会地方政策担当)
畠中光成塾士(5期卒・衆院兵庫7区・戦略参謀長補佐)

また、林塾から下記の6名が参画。
福丸孝之塾士(1期卒・大阪府茨木市議会議員・内務尚書)
布田拓也塾士(3期卒・大阪府泉佐野市議会議員・戦略部会長)
坂元大輔塾士(4期卒・塾長尚書)
出田裕重塾士(5期卒・兵庫県南あわじ市議会議員・会議尚書)
濱野夕希子塾員(5期卒・塾員)
谷本佳亮塾生(7期塾生)

コーディネーターの畑中政昭塾士の準備がしっかりしており、大変充実したディスカッションとなった。東京から応援に来てくれた政経倶楽部連合会の近藤昌之副理事長も、同様のイベントを東京でも開きたいと絶賛!

林塾と他の政治グループとの違いは何か?

畑中コーディネーターが「他の政治グループと林塾の違い」について質問。パネラーの塾士たちは、下記にように明確に答えてくれた。

◎林塾は、文明法則史学に基づく「設計図」を持っている。「新日本SS」のa点(誕生点)を、2020年を目標に起こしていくのが我らであり、そういうビジョンで動いているグループはどこを探しても無い。

また、新興の政治塾は数年先を見ているものばかりで、旧体制の破壊が担当になると思われる。林塾は「設計図」を持っているのだから、破壊に続く「建設革命」を担うのが相応しい。

◎林塾は、同志団結のレベルが違う。卒塾してから、益々結束が強化されていく。他団体と同列には到底語れない一体感があるのだ。

◎林塾には、一致団結の基になる共通の哲学・思想がある。文明法則史学による共通の文明観、大和言葉の世界観による共通の日本思想、陽明学や武士道、松下幸之助哲学による共通の行動原理を持っているのである。

これに塾長として、林塾は出世欲で集まっている組織ではないという点を加えたい。

一気に何百人、何千人と集めたところで、その殆どは「どこに付けば自分も偉くなれるか」という私利私欲で集まってくる輩だ。そういう者たちも勢力として必要だが、それを生かすためには「扇の要」となる本物の志士人物群が必要となる。

そこに林塾の役割があるのであり、「政治家天命講座」は「大器量の志士人物」の育成に、益々集中していく所存である。

★☆三日間、風邪でダウン。広島と神戸を欠講

5月18日(金)、新著の書名を決める。東洋的人物の研究『人間の奥行と惹き付ける力』。章立ても整い、一回目の校正が終わる。

5月19日(土)、親戚の葬儀で水窪(みさくぼ)まで車で行く。今は合併して浜松市になったが、水窪の文化は三河や下伊那に近いものがある。

5月20日(日)、早朝から風邪でダウン。熱と咳と鼻風邪と頭痛と節々の痛みとだるさ。無理すれば出張出来るという程度の状態ではなかったので、本日の広島の講義と明日の神戸の講義を急遽キャンセルし、自主勉強会にして貰った。

長い間に溜まった疲労が原因だろう。直感的に三日間は寝込むなと思ったら、その通り22日まで横になることに。もう何もしないで、ひたすら休んだ(金環日食だけは見たが…)。こういうときくらい、何の保証も無い仕事をしているということに気付かされるときはない。

5月23日(水)、まだ本調子ではないが庶務をやり、本メルマガを配信。広島文明維新塾と今啓林会の皆さんには、欠講によるご迷惑とご心配をお掛けし、心からお詫びします。来月は元氣に参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。