No.72 忠義を尽くそうという思いは、世界人類に共通した大道

2 忠君愛国と諸外国(ちゅうくんあいこくとしょがいこく)

この頃、君主に忠義(ちゅうぎ)を尽(つ)くす精神や、国を愛する心が薄らいできました。忠君愛国(ちゅうくんあいこく)などと唱えると、とても古くさい者のように思われてしまいます。でも、古いと決めつけてしまうのは、むしろ浅薄(せんぱく、浅くて薄っぺらなようす)なことだと言わねばなりません。※「この頃」というのは、今から90年くらい前のことです。

日本を愛する日本人が国会議員になっているかどうか

こんばんは。お陰様で林塾の弟子たちが、全国各地で「綜學」や「原大本徹」を広めてくれています。私は指示を出しませんし、統轄も特別しておりません。全て自発的・自主的な活動です。本当に有り難いことだと思います。

◆弟子たちが顔晴っています!
第十回「綜學社福丸塾」講座が11日(日)に開催されました。講師は福丸孝之塾士です(林塾1期生、大阪府茨木市議)。次回お問い合せは福丸(090・8883・4945)までお願いします。なお、京都綜學サークルは9月17日(土)14:00から予定されています。

No.71 太陽の恩恵によらないで栄える国はない

第7章 汎世界主義(はんせかいしゅぎ、世界に通用する広大な精神)

これまで述べてきたことによって、大日本主義がどういうものなのかについて、皆さんはよく理解されたことと思います。日本に立ち位置があり、祖国の原点に根ざした生き方をするのが大日本主義です。それと同時(どうじ)に、世界のどこに出しても偏(かたよ)ることのない、広大な精神でもあることにも気付かれたはずです。

「忠臣蔵」に涙を流す間は、日本は大丈夫

こんにちは。今年は台風の日本列島への影響が大きいですね。
明日は岐阜の「東海こころざし研究会」、明後日は駒ヶ根の「伊那谷文明維新塾」で講義します。詳細はメルマガ前号、またはホームページをご覧下さいませ。

◆小学一年生の孫が空手を始めました。キッズクラスです。

綜學十訓

こんばんは。9月に入りましたが、まだまだ残暑が続きますね。

◆3日(土)から4日(日)にかけて、宮崎県日南市に行って来ました。東京・経世志塾(長屋貢司代表世話人)の、年1回の移動例会です。

日南市出身の著名人物に、明治最高の外交官・小村寿太郎侯がいます。ロシアとアメリカの野望から、いかにして東アジアを守るか。英知の限りを尽くして、日本を一等国に成長させた第一人者が小村侯でした。

No.70 社員なら社長の志、市民なら市長の志を受け止めてみよう!

3 国民と君本主義(国民が歩む堂々とした大道が君本主義)

◆社員なら社長の志、市民なら市長の志を受け止めてみよう!
~世の中の多くの人が、民本主義と君本主義を誤解している~

君本主義の意義(いぎ)を正しく理解しますと、君本主義は我が国民性であることがよく分かってきます。国民が歩む堂々とした大道(だいどう)が君本主義です。