その21 表層の原点、深層の原点、そして新規の原点

そして、原点は何層かあるのが普通です。先に述べたように、「自分の原点はこれだ」とすんなり答えられたからといって、それで原点を確実に掴めたかというと、決してそうではありません。原点は数層あり、表層だけ見えたからといって安心するわけにはいかないのです。

師匠の言葉は後になって効いてくる…

こんにちは。今日も暑くなりましたね。

「大きな志を抱いている者は、小さい事をしっかり勤める。遠大な目標を立てている者は、細かい事をいい加減にしない。」佐藤一斎『言志録』より(訳:林)

◆来週は、大和言葉の合宿を16日(日)17日(月)に名古屋で行います。それから、林塾の文月公開例会(全国合同)&大懇親会が、20日(木)に東京で開催されます。ご参加の皆様は、ご案内の時間に集合場所までお越し下さい。

その20 いくら藻掻(もが)いても、自分の中に原点を見つけられないという人へ

さて「原点」「種」「素志」を、何とかして自力で見つけようとして苦しんでいる人のために補足を述べます。いくら藻掻(もが)いても自分の中に原点を見つけられないという場合は、無理しないで肩の力を抜き、一旦(いったん)目を外へ向けてみて下さい。

今日から、時間の流れを起こす人となれ!

こんばんは。昨年の夏、孫が飼っていたカブトムシが卵を産み、幼虫からサナギとなり、8匹全部が成虫となりました! ヲスが5匹、メスが5匹です。

◆明日は浜松で講義します。隣の愛知県からも、数人のご参加を頂いています。
☆東林志塾(浜松)7月11日(火)午後6時30分~9時00分

その19 そもそも何がしたかったのか、それは何のためだったのか

では、自分にとっての原点を考えてみて下さい。まず、今取り組んでいることや、今やっている仕事の原点を見付けてみましょう。その際、「そもそも」に続く言葉を書き出してみると、スムースに浮かんでくるはずです。

例えば、今医学の勉強をしているなら、そもそも何がきっかけで医道を選んだかを振り返ってみるのです。家族や身近な人に病で苦しむ人がいたことが原点であるとか、子供の頃に出会った医者を尊敬したことが原点になっているといったことが、きっと見えてくると思うのです。

北朝鮮のICBM、アメリカの傍観、チャイナの野望、どうする日本

梅雨前線が活発化し、九州北部を中心に記録的な豪雨となりました。被災した地区の皆様に心からお見舞い申し上げます。安否が確認出来ない方々のご無事を心からお祈り致します。

◆こんにちは。米沢から浜松に戻る新幹線の車中から配信致します。今週末は長野県駒ヶ根市、来週火曜日は浜松で講義します。