No.118 政治家が立ち上がって、政治家の時代を終わらせよ

明治維新では、武士が立ち上がって武士の時代を終わらせた

これからの政治家は、幕末維新期以上の転換期を生きていくことになります。坂本龍馬や秋山好古のような大人物が、いっそう求められるのは当然です。

政経倶楽部~野田首相への提言

おはやうございます。
今日は本暦九月十七日、昨夜の望月が綺麗でした。

◆明日から、西日本で4日連続の講義です。
明日14日(金)は、林塾「政治家天命講座」第6期・関西10月例会。
その後、岡山→広島→神戸で講義します。

No.117 過去の地位や名誉に囚われない人物が必要

憎まれ度は、改革進展の物差し

先に述べた通り、改革というものは進めば進むほど、既得権益を保持している者から憎まれます。歴史が大きく変わるときの改革ほど、一般に憎まれ度が高くなるものです。

天命講座~決断や覚悟を頂き、これからの道がはっきり見えてきた!

こんばんは。
京都・綜學社事務所から浜松事務所に戻りました。

◆明日は浜松で講義します。
東林志塾(浜松)10月11日(火) 夕食会午後6時 講義開始7時

No.116 迷っていいのは決めるまで、決めたら前に進むのみ

既得権益を失うまいとする旧体制の住人とは

社会機構が複雑化した現代にあっても、組織や体制に制度疲労というエージングがあることに変わりはありません。ある段階で行き詰まりを迎えた国家は、「旧体制の解体破壊」→「新体制の建設準備」→「新しい社会秩序の諸制度確立」の順序で変革期が進むことを述べました。既に虫食いだらけの古屋を立て替えるのだから、その変革は一度旧体制を壊した上で行われる、根本的なものでなければ役に立ちません。

98代目の宮司さんと30年ぶりに出会う

おはやうございます。今日は本暦九月八日、上弦の月です。
経世志塾の皆さんと、神々のふるさと出雲の国に行って来ました。
どうぞ下記「日記」をご覧下さい。