「食と医と文化」。これらを京都から発信していきたい

こんにちは。
浜松の空は、どんよりした厚い雲が覆っています。
冬らしい天気だと思ったら、明日は二十四節気の「大雪」です。

◆綜観が、松下政経塾に入塾した1年目のこと。あるとき松下幸之助塾長が、一度だけポロッと言われました。「あのな、この塾を何でつくったのか、本当のところわしにもよく分からんのや」。

No.4 人物は「あそびのある余裕」を持っている

満杯のコップや、伸びきったゴムでは困る

老子が理想とする人物は、必ず「あそびのある余裕」というものを持っています。茫洋(ぼうよう)としていて掴みどころがない感じでありながら、実は社会と人間をしっかり捉えているというふうです。

優勝してこそ、精神が強くなる

こんばんは。
今日から師走です。

来年は、世界も日本も、さらに流動化しそうです。
とうとう膨張資本主義が、世界的に行き詰まりを迎えました。中東では、大規模戦争が勃発しかねない状況です。イランが、その引き金になる可能性が高まっています。

12月度:勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。
お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は、平成24年1月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。

☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

No.3 大成は欠けて見える

いかにも「らしい人」というのは、まだまだ不完全

何事も、最初は形(かたち)から入ります。礼儀作法や諸芸の稽古など、みなそうです。教えられるまま形式を身に付けていくことから始まり、やがて形が様(さま)になってくると、それに伴って心が成長している自分に気付きます。覚悟や落ち着きというものが養われてくるのです。

緊急提言!! 日本の国体を守ろう! 女系天皇を認めることの危険性

こんばんは。
間もなく師走。
日が陰ると、たちまち寒くなりますね。

◆昨日は「南信州のこれからを考える勉強会」で熱意を込めて講義しました。開催地は飯田市で、主催者の高橋たかとしさんは長野県議(伊那谷文明維新塾は共催)。往復の飯田線車窓から見える天龍川水系の渓谷は、紅葉が真っ盛りです。