聞き上手のコツ

こんにちは。
今日は人間力養成塾(東京)で、吉田松陰先生の原点・大局・本氣・徹底について話します。

◆昼に、兵庫県加西市長の中川暢三さんから電話がありました。松下政経塾の同期生ある彼は、22日の投開票日に向けて市長選の真っ最中とのこと(今度で3期目になる)。

No.89 松下本は、さらりと読めてしまうから要注意

必要なときに必要なことを行うのが道

『老子』そのものが逆説的であると言えばその通りなのですが、本章にも謎かけのような言葉が、いろいろ出てまいります。

「明らかな道は、薄ぼんやりしているかのようだ」。これは、シンプルで分かり易いものほど、中味の薄いものに感じてしまうという意味の言葉です。

今後の外交と防衛、その基本的方向性について

こんばんは。
Tシャツでいいかと思えば、コートが欲しいくらいの低温になるなど、このところ寒暖の差の激しい毎日です。明日から西日本5連戦です。

●日記● 平成23年5月10日~12日

★☆明石青年会議所で講演

5月10日(火)、兵庫県の明石青年会議所で講演。テーマは「時代の転換期から学ぶ思いやりの心~明治維新から近現代~」。「仁」や「義」、「公」の精神が、転換期に必要な精神となることを述べた。

No.88 馬鹿にされて笑われることは承知の上

大器は晩成する

大人物ほど、ゆっくり伸びていきます。早く固まることなく、晩節に至っても成長を止めません。そのことを老子は、「大器晩成」と言いました。

《老子・第四十一章》
「上等の士は、天地自然の原理である道を聞いたら、努めてそれを行おうとする。中等の士は、道を聞くと、分かったようでもあり、忘れたようでもある。下等の士になると、道を聞いて大声で笑い出す。だが、笑われなければ、道とするには不十分である。

このためなら命を懸けられる、という原点の確立から政治家人生を起こせ!

こんばんは。初夏らしくなってきました。
本暦四月八日となる明日は、お釈迦様の誕生日です。

◆明日10日(火)は、兵庫県の明石青年会議所で講義します。
明後日11日(水)は、林塾「政治家天命講座」第6期・関東講座です。

◆その後13日(金)から、岡山→四国中央→広島→神戸を5連戦で回ります。
それぞれの講義内容等、詳細は下記をご覧下さい。
http://www.hayashi-hideomi.com……r/485.html

No.87 迷いや心配から脱するために「無の思想」がある

治っているという医者の一言で快方へ

あるいは、あらゆる現象は意識の現れであり、一切は仮の存在であるとする無の考え方もあります。有ると思うのは迷いであり、本当は何も存在していない。物に囚われ、形に拘って(こだわって)はならない。目に見えるものの奥にこそ、真実の世界があるという捉え方です。こちらは「絶対の無」と呼ぶべきもので、これも老子の言いたかった「無」であると推察します。