No.100 対立している二者を、互恵共生の関係に変える働き

ノーベル物理学賞の湯川秀樹博士は、研究のヒントを『老子』から得た

あらゆる物は、陰気と陽気と、それらを調和させる沖気の「三」で成り立っている。そう教えているのが第四十二章です。

今月も、東奔西走の毎日

こんばんは。
各地で梅雨が明け、猛暑の毎日となりました。
本暦六月十一日

◆綜観の著書を発行して下さっている、株式会社博進堂の清水伸社長から、お便りと写真集が届きました。「細江英公人間写真集『気骨』われらが父、われらが祖父」です。

No.99 言葉に振り回されてはいけない

名前が付くと部分になってしまう

宇宙は大きな象だから形が無い、ということを話しました。その宇宙を成り立たせている根本原理が「道」です。道は、普通の感覚で捉えられるレベルを超えた存在であり、それ自体、目には見えません。老子は、そういう様子を「道は隠れていて、言葉で言い表せない」と表現しました。

政治家の仕事は、選手寿命の短いスポーツ選手などとは違う

こんばんは。
明日は二四節気の「小暑」ですが、既にすっかり猛暑となって
いますね。

◆明日6日(水)は、林塾「政治家天命講座」第6期・関東7月例会で講義。
また明後日7日(木)午前は、政経倶楽部・東京例会で久しぶりに講義します。
政経倶楽部・東京例会ご案内
→   http://www.seikei-club.jp/deta…….php?id=19

No.98 宇宙の外は、どうなっているの?

宇宙は、時間と空間で構成されている

これ以上ない大きな形、それを「大象」といいます。老子は、「大きな象」は無形と同じだと語りました。大象が何であるかといえば、一番は勿論大宇宙です。大宇宙自身が宇宙における最大の存在であり、これ以上の「大きな象」と呼べるものは他にありません。

論語から「ああ、これは自分への注意だな」と感じる箇所を見つけよ

おはやうございます。
そして、暑中お見舞い申し上げます。
7月に入った盆地の京都は、頭がぼわんとし、体はどよ~んとする暑さです。
早くも夏バテに注意が必要となりました。