3月度:勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。是非お運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国の順になっています。隔月開催などの会は、平成23年4月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

No.76 経営理念に盛り込みたいこと

第一は「○○でもって」という具体的表現

経営理念に盛り込みたいこと、その第一は「○○でもって」という具体的表現です。はっきりした仕事内容や、何らかの明確な手法が書かれているほうが、理念を読んだときに分かりやすくなります。

中東から起こった反政府デモが広がりを

こんばんは。
 「子育ての 終わる間もなく 孫育て」 綜観

◆中東から起こった反政府デモが広がりを見せています。
原因に食糧の高騰があり、食べていけないことへの不満が、長年続いた体制への怒りとなって、一気に爆発しているようです。

No.75 理念は、同志を獲得するための最高の経営資源

磨き続け、結晶化された言葉が理念

【経営の原理原則・第四条】
トップの理想に基づいた経営理念が確立されていること

最初に無いものは最後まで無い

おはようございます。
昨日は、京都から海浜幕張(千葉)に出張して講義しました。
終了後は最終の「ひかり号」で浜松に帰り、移動時間は計7時間。
体力勝負の仕事ですが、日本再生のために前に向かうのみです!

No.74 トップを、どう補佐するか

前号で【経営の原理原則・第二条】と書きましたが、正しくは【第三条】でした。謹んで訂正致します。

経営者は、船長のような存在

トップは孤独な存在です。重い責任を背負う中、逃げないで毎日踏ん張っています。部下には部下の言い分があることは承知の上で、トップを補佐する立場の皆さんに「もっと社長を知って下さい」と言いたいのです。