No.28 無理とは、天地自然の原理に外れている状態のこと

「わたし頑張ってます顔」に要注意

よく観察しないと、重心が上がり焦ってばかりいる人のことを、「力を尽くして活躍している人なんだ」と勘違いしてしまいます。眉間に皺(しわ)を寄せた「わたし頑張ってます顔」に注意せねばなりません。

むしろ、ぼんやりした顔でいながら、実際は常に先手で準備をし、為すべきタイミングを外さない人のほうに本物がいるものです。そういう人は、為すべきタイミング(適時)ばかりでなく、相応しい位置(適位置)や適度な量(適量)をよく知っています。

「日本の新しい社会秩序」を誕生させるための要件

こんばんは。
今日はお釈迦様の誕生日である花まつり(灌仏会)でした。
本来は旧暦のお祭りなので、5月28日(本暦四月八日)に祝うのもいいでしょう。

◆明後日10日(水)は浜松で講義します。

No.27 自然体は、何もしていないかのように見える

真っ先に解雇の対象になったA君

「何もしないところに至る」と聞くと、「一切合切(いっさいかっさい)何もしなくていいのだ」と早合点する人がいます。老子が全然何もしないことを勧めていたのかというと、決してそうではありません。

「日本改新塾」に大学生が集まる

こんにちは。
4月に入り、西日本からお花見が楽しみな季節となりました。
今年の開花は、例年より少し遅いようですね。

●日記● 平成24年3月29日~31日

★☆「日本改新塾」に大学生が集まる

4月度:勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。
お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!

東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は、平成24年5月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。

☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

No.26 言葉以前の言葉をきこう

日に日に余分なものを捨てる

日に日に余分な物を捨てる。それは、こびりついた断片的知識や、固定観念と化した言葉を削ぎ落としていく行為のことです。言葉によって曇ってしまった自分の感性を、元の素直な状態に戻していくのです。