No.65 感謝したり感激したりしてくれないと怒り出す…

義に生きる人には硬いイメージがある

次に「義の上なるものは、何かを為して為にするところが有る」と続きます。
上のレベルであっても義に生きる人には、何かを為したときに意図的なわざとらしさが出てしまうというのです。これは、正義漢の注意点ですね。

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は誠にお世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

1月度:勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。
是非お運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国の順になっています。
隔月開催などの会は、平成23年2月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

No.64 未来へ陰徳を積む生き方

「仁」にもレベルがある

儒家思想における一番のキーワードは、何と言っても「仁」です。仁は、人を表す「イ」と「二」が組み合わさった会意文字で、人が二人いることを意味しています。二人というのは自分と相手のことで、「明確な相手のために自分が何を出来るか」を問い掛けている漢字が仁なのです。

東洋・日本思想家の綜観とクリスマス

こんばんは。本年のメルマガ最終号をお送りします。
綜観の年内は、3回の合宿研修の指導で締め括りとなります。
明日・明後日は、逗子(神奈川県)で経営者対象の天命講座。
28日(火)29日(水)は、林塾「政治家天命講座」第5期合同研修。
そして、29日午後から30日(木)にかけて綜學社スタッフの合宿です。

No.63 そこに居てくれるだけで救われるという人間力

天徳の道家、人徳の儒家

「先天の徳」は、老子の言う「樸」、つまり荒木にあたるものです。私たちが元々持っている個性や天性、天分がその内容で、これが道家(老子などの教え)の徳の意味となります。