No.13 大きな事業をやりたいなら、求心力や磁力を起こせ

ただ動いているだけではどうにもならない

「林君、君には将来大きく活躍して欲しい。君の活動を発展させる上で、大切な心得を一つ教えよう。それは、動き過ぎてはいけないということだ。

松下幸之助翁が好きだった鯉の天井絵

こんばんは。
今日21日(土)は「大寒」でした。
明後日23日(月)は本暦元旦です。

◆明日22日(日)は東京で講義。明後日23日(月)は、政経倶楽部・名古屋支部設立準備会で講話。また、25日(水)は政経倶楽部・千葉県支部一周年記念講演会で話します。

No.12 公利公欲という大局に立った希望や理想を、大いに起こせ

発展への希望を失ったら、そもそも人間が存在している意味がない

より良くなりたい、もっと伸びたいという意欲は、人間の成長や社会の発展にとって必要な精神です。大宇宙は生成発展を基本原理としており、人間社会もそれに合わせて成長するのが自然の姿です。発展への希望を失ったら、そもそも人間が存在している意味を見失うことになりかねません。

いざ危機というときに、一番必要となるのは水と食糧とエネルギー

こんにちは。
明日から広島・神戸など、西日本を遊説します。

林塾「政治家天命講座」は、お陰様で第7期に入ります。
第1回の合同合宿講座は、18日(水)・19日(木)です。
京都・本能寺会館で開催します。

No.11 戦争で“馬の人生”まで変わってしまう

それぞれ得意とする分野で役立ち合おう

「気は優しくて力持ち」というのは、自分が持っている力を、他人のために生かせる人のことです。もしも財産家なら、財力で社会に奉仕する。知性に秀でた文化人であれば、知恵を生かして人を助ける。困っている人を助け、それで喜ばれることが、自分の喜びにもつながるという人たちです。

これから3年間は、危機を活躍のチャンスに変えるための準備期

こんばんは。
鏡開き(11日)も過ぎ、新年の仕事や活動が、本格始動されたことと存じます。激動の一年を耐え抜いていきましょう!我慢くらべです。

●日記● 平成23年1月6日~10日

★☆これから3年間は、危機を活躍のチャンスに変えるための準備期