その51 人間が放つ「氣」には、大きな働きがある!

街角で有名人とすれ違ったとき、「今の人、確か誰それさんだよね?」と囁き合います。やはり画面で見るよりも、「生(なま)」で見るのはインパクトが全然違います。映像よりも生、録画よりもライブというわけで、実物に接することには、とても大きな意味があるようです。

家内と孫と私の3人で充電休暇in京都

こんばんは。今日は二十四節気の、寒気が強まる「小寒」です。
本日から仕事始めの方が多いと思います。ゆっくり慣らしながらペースを戻すことも大事でしょうね。

●日記● 令和元年1月3日~5日
◆1月3日(金)、今日から3日間、家内と孫と私の3人で充電休暇in京都。京都到着後、まず綜學社研修所の氏神様(稲荷大明神)に参拝。研修所に荷物を置き、建仁寺境内を抜けて八坂神社に初詣。大変な賑わいなり。

その50 氣を通してトドメを刺し、相手を圧倒する!

威力は質量よりも速度で増すのだから、スピードを付けて一点を攻めれば勝機を掴むことが出来るということを述べました。そこに、もう一つ加えたいことがあります。それは「氣(気)」を出すということです。

「氣」は「米」と「气」が合わさった漢字で、ご飯(米)を炊くときに上がる湯氣(气)を表しています。湯氣は透けて見える捉え難い存在ですが、蒸気となって重たい蓋を持ち上げてしまう力があります。だから、明らかなエネルギーであることに間違いありません。

新暦明けましておめでとうございます。

新暦明けましておめでとうございます。
旧年中は誠にお世話になり有り難う存じます。
本年も何卒宜しくお願いいたします。 頓首再拝

◆明日から三日間、京都で充電休暇を取り、実務の仕事始めは6日から、講義の仕事始めは9日の東京(政経倶楽部)からとなります。
なお、日本改新のためのご連絡はいつでもスマホ(フェイスブックなど)でお受けします。今年は世界情勢・国内政治ともに、益々変動するでしょう!

令和2年1月度:志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は、令和2年2月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

その49 攻撃ポイントへの一点集中が加われば、威力は格段に増す!

激しい水流が岩石を動かすのが「勢い」であり、鷹や鷲など猛禽類が獲物を捕らえる一瞬が「節目」であることを述べました。孫子は「勢い」と「節目」について、さらに次のように説明していきます。

「戦いの上手な者は、その勢いを険しくし、節目を一瞬に集中させる」が、「勢いは石弓を張るときのようなものであり、節目はその引き金を引くときのようなものである」と。