No.46 修行が進むと、障害や邪魔が起こることがある

仏教の教典に、次のような教えがあります。

「仏教の修行を重ね、勉強が進むと、いろいろな障害(しょうがい)や邪魔(じゃま)が次々現れてくるものだ。それらに引きずられてしまってはいけないし、恐れて動けなくなるのもいけない。引きずられたら間違った道に迷い込むし、恐れたら正しい修養にならないからだ」(摩訶止観第五、まかしかんだいご)。

今までの敵と、どう和を結ぶか

熊本地震の被害が大きくなりました。余震が続いております。
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。

また、早くから救援に入られている自衛隊・警察・自治体・消防・医療関係者など、主に公的機関の皆様のご尽力に深謝申し上げ、作業のご無事を言挙げ致します。

No.45 先を行く人の失敗を見て、自分もそうならないよう戒めよう

10 思想尊重(しそうそんちょう、)

この世に存在する、すべての物に意味があります。意味もなく、偶然(ぐうぜん、たまたま)現れる存在はありません。必ず、原因や理由があって発生し、物となり存在となり、そして結果となります。生物であろうが、無生物であろうが違いはありません。目に見える物質世界と、目に見えない精神世界の区別もありません。この、原因と結果がつながっていることを、因果(いんが)の法則といいます。

誰でも自分の事になると、よく分からなくなる

こんばんは。明日は神戸、明後日は岡山、今週は講義に東奔西走です!

◆本号の「日記」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆11日(月)は東京、13日(水)は大阪の経営実践研究会で講義。
☆12日(火)は、浜松の東林志塾で講義。

◆本号の「評論・随筆」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆変人扱いされている者の中に大人物が潜んでいる
☆政治が混迷するのは、お手本となるモデルが無いから
☆誰でも自分の事になると、よく分からなくなる

No.44 日本経済の行き詰まりの原因は、職業尊重の精神が欠けているところにある

世の中には、無数と言っていいくらい沢山(たくさん)の職業があります。その、どの一つを抜き去っても、社会全体が困ってしまいます。世の中から農業がなくなれば、食べ物が無くなって困ります。建設業がなくなっても、理髪業(りはつぎょう)が消えても、社会全部が困ってしまうのです。それが正しい仕事であれば、すぐに困るか、段々(だんだん)影響が及んできて困るかは別にして、誰もが大変困ってしまうのです。

人物と行動を見て投票しよう!

こんばんは。自宅事務所の藤の花が綺麗に咲いています。

◆本号の「日記」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆東京・経世志塾、「哲女」が増えて会場満席の賑わいに
☆林塾「政治家天命講座」東日本合同卯月例会が米沢で開催される

◆来週は東京→浜松→大阪→神戸→岡山で講義します。是非ともお運び下さい。