日本を守るために立ち上がった青年「橋本左内」

こんばんは。7月を迎え、今年も後半に入りました。本日7月2日は、そろそろ梅雨が明ける頃とされている「半夏生」です。日本列島の広い範囲で、動きの遅い台風7号による大雨被害が心配ですね。

◆明日は「北陸神道青年協議会研修会」で立志論を講義します。会場は福井市。7日(土)は「伊那谷文明維新塾」で福井の志士・橋本左内について話します。

その85 もしも陰陽の循環が無ければ、活動は止まってしまう

それから、中国思想の特徴の第七として「根底に循環の思想がある」ということを付け加えておきます。東洋医学の原典である『黄帝内径』に、「陰を重ねれば必ず陽になる。陽を重ねれば必ず陰になる」と書かれています。

日本史上最大の国難は、日本人が使命を果たす最高のチャンス!

こんにちは。4連戦の講義を終えて浜松に戻りました。
毎回その場の講義に集中し、渾身の力を込めて話しております!

来週は7月3日(火)に北陸神道青年協議会研修会で、7日(土)に伊那谷文明維新塾で講義します。

☆伊那谷文明維新塾 7月7日(土)午後6時~8時 その後に懇親会あり

その84 チャンスを逃さず、虚を攻めよ!

『孫子』と並ぶ兵法書とされているのが『呉子』です。『呉子』に「兵を動かすときの最も大きな間違いは、もたもたしていて機会を逃してしまうことにある」と書かれています。

虫や魚の中に、獲物が近付いてくるのをじっと待っていて、捕まえられるチャンスと見たら、タイミングを逃さないで一瞬で捕捉してしまう“天才ハンター”たちがいます。相手に気付かせないよう息をひそめているときの静かな様子と、瞬殺するときの素早さの落差には、本当に驚くばかりです。

あなたを応援してくれる人は、あなたの可能性を潰す人かも知れない

こんばんは。昨日は會津聖賢塾主催「会津立志セミナー」でした。
明後日23日(土)から広島→京都→神戸→東京(国会)を回り、4連戦の講義となります。公開講座となっているのは、下記の神戸の勉強会です。

☆今啓林会(神戸)6月25日(月)午後6時半~9時

その83 先手を打って、あらかじめ勝っておけ!

まだまだ中国思想には特徴があります。その第六は兵法の存在です。勝つための教えである兵法には、先手を打つこと、大局を整えること、情報を得ること、チャンスを逃さないこと、虚を突くことなどの基本があります。