その96 仏教が日本化して、どうなったか?日本仏教の特徴5点

仏教によって、日本人の心根が深まったと述べました。それは、仏教が日本化することによって成されたと言えます。日本仏教の特徴を挙げるならば、下記5点を外せないと思います。

第一は「現世肯定」です。元来は現世の苦痛を除き、輪廻転生しなくても済む自分を養うところに仏教の意義がありました。それを、現世を「仮の世」としないで肯定し、この世を本舞台と心得るよう意識を転換させたのが日本仏教です。

膨張資本主義という歪みを正して「公益経済の確立」を!

こんにちは。8月も最終日となりました。日は短くなってきたものの、照りつける太陽の暑さは、まだまだきついです。夏バテに用心しましょう!

◆明日は南信州の伊那谷へ参ります。
☆伊那谷文明維新塾 9月1日(土)
※大雨により中止となった7月の内容を明日行います。

その95 弱者や不器用者、病者や貧者をお救いしてこそ、釈尊の教えに叶う

釈尊はまた、「平等」の大切さを説きました。最古の経典である『スッタ・ニパータ』に、次のような釈尊の言葉が出ています。生まれによって賤しい人やバラモンになるのではなく、行為によって賤しい人やバラモンになる。

バラモンは祭祀を司る司祭階級のことで、インドの身分制度であるカーストの中で最高の位置にあります。釈尊は、生まれによって人を差別するなと言って、カースト制度を否定したのです。この平等観は、女性に対する蔑視や軽視の否定ともなりました。

一週間、上海とその周辺を回りました。

こんばんは。昨日は「処暑」。確かに、少し暑気が退いた気が致しました。

◆8月15日(水)から21日(火)まで一週間、上海とその周辺を回りました。今回感じたことは、チャイナは、まだまだ日本より後れているなということです。

その94 不完全な自分そのままでいいから、誰かの役に立つ生き方をしよう

仏教の話を聞いたときに、「小乗」「大乗」という言葉を耳にしたことがありませんか。釈尊が入滅して約500年経った頃、仏教界に革新が起こりました。それは西暦紀元前後頃のことで、自分ひとり救われて終わるのではなく、一切の衆生(命あるもの)を救済してこそ釈尊の教えに叶うと考える仏教徒が現れたのです。

残暑お見舞い申し上げます。

こんにちは。残暑お見舞い申し上げます。
明日は「終戦の日」。英霊と犠牲になられた方々の御霊に合掌礼拝致します。

◆明日から夏季休暇を取り、22日(水)まで“ネット断食”を致します。恐れ入りますが林へのご連絡は、23日(木)以降にお願い申し上げます。