特集!参院選の結果に思うこと

こんばんは。神戸と岡山で講義し、19時過ぎに浜松に戻りました。
来週は、名古屋で大和言葉講座の合宿、東京で林塾「政治家天命講座」の全国合同合宿があります。それぞれ基本講義で6時間話します。

No.61 上に立つ者ほど、無私の心で人々を思う

武士の勢力が各地で争い合い、60年近くにわたって朝廷が二つに分かれて対立した、南北朝(なんぼくちょう)という時代がありました。その南朝最初の天皇となったのが後醍醐天皇(ごだいごてんのう)です。とても大変な時代でしたが、天皇は国民を思いやる御製(ぎょせい)を詠(よ)まれました。

国柄を否定する政治家に権力を握られてはならない

お早うございます。
参院選は、与党と維新と共産の勝利でした。
政経倶楽部が強力に支援し、林塾が(個々ながら)熱心に応援した山田宏候補が見事当選を果たしました!
国会綜學勉強会にも弾みがつくと思います。

◆12日は浜松、14日は神戸、15日は岡山で講義します。

「日本政経連合総研レポート」第8号

公益経営(日本的経営)基本精神7カ条

政経倶楽部の「3つの基本理念」に「公益経済の確立」があります。その心得として、「公益経営7つのキーワード」を述べてみます。
ご参考になれば幸いです。

台湾は台湾、大陸とは異なる歴史がある

おはやうございます。
6月29日から7月4日まで台湾を訪問し、政権交代後の台湾事情を見聞。
曾祖父が住んだ台中市と、終焉の地である屏東縣(へいとうけん)にも行って来ました。台湾ご報告は下記をご覧下さい。

訪台中の6日間、目の前の庶務から離れて、亜細亜と世界の将来を思うことが出来ました。ネット断食や庶務断食が、時々必要ですね。

No.60 夜の寒さにも、国民を心配された後鳥羽天皇

仁徳天皇は、「君は国民が本」であり、「一人でも飢えたり凍(こご)えたりしていたら、ただちに反省(はんせい)」すると言われました。このご精神は、本当に民本主義そのものです。

そして、これは仁徳天皇お一人の御心(みこころ)ではありません。ご歴代(れきだい)の天皇が、祖先から受け継いだ日本国を守ろうとされ、国民を大御宝(おほ(お)みたから)と呼んで慈(いつく)しんで下さいました。