言・行・果の一致と先を読む力~信頼されるリーダーとなるために…

おはやうございます。今日5日は端午の節句(こどもの日)、そして立夏です。

◆お陰様で本メルマガは1000号に達しました。いつもご覧下さり本当に有り難うございます。これからも何卒宜しくお願い申し上げます。

その6 ナンバーワンの覇権大国になった向こうに、一体何があるのか

さて、21世紀の現代は、文明そのものが行き詰まっています。大量殺戮兵器の開発が示すように、皮肉にも人類が起こした文明によって、人類全体が亡びてしまうかも知れないほどの危機に陥っています。これを救うには、文明の原理から創り直す必要があります。それは、西欧中心の文明から、東西融合の共生文明への大転換に他なりません。

国会綜學勉強会で講義。後で自分の憲法観の偏りに気付く

こんばんは。ゴールデンウィークに入り、皆様いかがお過ごしでしょうか。綜観の連休中の“宿題”は、A4用紙156枚の校正作業です。

◆連休明けの9日(火)は浜松、12日(金)は岐阜で講義します。

平成29年5月度:志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。
お気軽にご参加いただけます。是非ともお運びを!
東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。

隔月開催などの会は6月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

その5 原点からタテイトが伸び、全体が一つにまとまる

綜學の「綜」には「まとめ集める」という意味があり、知情意それぞれの学問を一つにまとめて綜學と呼ぶことにした、というところまで述べました。

この「綜」の字源についてお話ししましょう。綜は、「糸」と「宗」の両方の意味が合わさった漢字(会意文字)です。糸と、それを一つにまとめることを表す宗が組み合わさって、綜の漢字となったのです。

日本を守るために出来ること五項目と「一人一塾」

こんにちは。穀雨が過ぎて、随分温かくなってきました。

◆来週は25日(火)が国会、27日(木)が福岡で講義。28日(金)は別府に足を運び、アイデアマンとしても話題の市長・長野恭紘塾祐(林塾5期生)と会談します。対談の中で、いろいろな発想が飛び出す予感がしております。