先祖の集大成が子孫、師匠の集大成が弟子…

こんばんは。アメリカの発言力が衰え、チャイナの存在感が増す中、北朝鮮が東アジア動乱の引き金としての“役割”を、いよいよ発揮しつつあります。文明交代期の様相がいよいよ激しくなってきました。どの政党、どの政治家が本氣で国家と国民を守ろうとしているのかを、しっかり注視しなければなりません。

その25 成果が生まれない理由に、英知の不足がある

「原大本徹」のもう一つは徹底です。徹底は、人生の大木の「枝葉」にあたります。本氣の「幹」から枝葉が豊かに繁るよう、知恵を使い工夫を施しましょう。

ここまで述べてきたことに従って、原点を確立し、大局の範囲を広げ、本氣の志を立てたというのに、なかなか成果が生まれないということがあります。その場合、知恵や工夫が不十分であるかも知れません。良い物・良いアイデア・良い仕組み・良い人というだけでは、まだダメで、世に広まっていく英知が足りないのです。

残暑お見舞い申し上げます。平成29年立秋

◆明日は浜松で講義します。
☆東林志塾(浜松)8月8日(火)午後6時30分~9時00分
松下幸之助が敗戦5日後に社員に告げたこと ※一級資料を元に講義します!
「敗戦の原因は、日本精神の貧弱さと知恵の不足にあった!」
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

平成29年8月度 志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。
お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は8月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

その24 能力が平凡でも、志に集中すれば大きな成果を上げられる

中国思想の大家も、志の大切さを教えていました。孟子は「志は氣の帥」と述べ、志があれば身中から氣が、どんどん引き起こされるということを教えました。また、王陽明は「志立たざれば天下に成るべきの事なし」と説いて、あらゆる成功は立志の結果であるということを明らかにしました。義を尊ぶ孟子の思想は、とても情熱的であり、知行合一を説く陽明学は、東洋思想の中で一番の行動哲学です。

どんな分野であれ、その道で食べていける人は全体の一握りに過ぎない

こんにちは。猛暑の中、自民党は支持回復への建て直し、民進党は党体制そのものの建て替えに忙しい夏となりました。

◆本号記載の「評論・随筆」の「どんな分野であれ、その道で食べていける人は全体の一握りに過ぎない」は、作家の神渡良平先生から「身にしみる言葉」であるとの評価を頂き、シェアもして下さいました。

「そもそも、お金は社会の血液みたいなもの…」では経済政策に触れましたが、小生は経済が得意ではありませんので上手く書けていません。フェイスブックの反応も芳しくなかったです。