橋下徹氏の冷静さがいい

こんばんは。今日は「素読教室」を全国各地で開催されている松田雄一さんが来所(2度目)。可愛い婚約者もご一緒でした。
彼は私より20歳若い、新進気鋭の啓蒙家です(38歳)。
林塾の塾士とも交流が深く、今後の活躍が本当に楽しみです。

◆明後日から講義が続きます。※印は一般参加可能です。下記ご参照下さい。

平成27年9月度:志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!
東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。
隔月開催などの会は、10月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

No.4 無主義では滅びてしまう

どこへ行くのか分からない活動や、方針のない努力ではダメだということくらい誰でも分かりそうなものですが、実際には無主義の人が多いことに驚きます。

部分的で一時的なことなら方針があるのだけれども、大局的(広いこと)で長期的(長いこと)な大方針となると、まったく考えられていない場合が多いのです。

後から手足を付けた粘土細工はバラバラになる

こんばんは。今日の浜松は豪雨でした。

◆6日(日)は浜松で講演します。お気軽にお運び下さい!
★平成二十七年度「遠州公開講座」9月6日(日)開場13時半
平成「松下村塾」が浜松に開講!
吉田松陰は、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文らをどう育てたか。
会場:浜松プレスタワー(7階ミーティングルーム)定員150名
参加費:3000円(学生無料)、懇親会5000円
申込:0538・43・2855(実行委員長・内田鉱二さん)
enshu21@hayashi-hideomi.com

No.3 主義は生命(主義は大方針であり、物事(ものごと)を進める原動力)

また、主義は目標であり、一つに定まった大方針ともいえます。定まった方針のもとで努力すれば、その活動に意味が出てきます。

個人も集団(しゅうだん)も、まず「どう進むのか」という主義・方針を確立(かくりつ)しましょう。そして、忘れていることや抜けている点がないよう、しっかりした計画を立てます。そうすれば、本当に面白味(おもしろみ)のある活動になるはずです。

時間を掛けて「層」を厚くした組織が、結局一番強い!

こんにちは。夏バテに注意したいのは今頃からですね。
明日24日(月)から27日(木)まで、タイのバンコクに行って来ます。
カンチャナブリでは日本軍慰霊塔にお参りします。