早くも隠居した趣味人生に嵌ってしまわぬように…

こんばんは。大寒となる明後日20日は、小生の誕生日。満62歳になります。気持ちは、まだ50歳くらいです(体重計も8歳ほど若い数値が出ます!)。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします!

◆来週は四国で講義します。お気軽にご参加頂けます!
四国中央立志会
☆社長・幹部対象 1月21日(月)午後2時~4時 
『論語』に学ぶ経営者・経営幹部の心得 第23回
☆社員・中堅対象 1月21日(月)午後7時~9時
よく分かる やまとことば入門シリーズ 第4回

その122 賢くて自分勝手な部下より、愚かとはいえ公正な部下のほうが良い…

チャイナに存在した、唯一の女帝が則天武后(武則天)です。唐の高宗の皇后であった則天は、皇帝の病中に政務を執り、その死後に即位した実子二人(中宗と睿宗)を廃して帝位に就きました。

この則天の撰による『臣軌』という本があります。臣軌とは、臣下が持つべき軌法、即ち皇帝に仕える者の心得のことです。

東信5市議会議員研修会で講演

こんばんは。今日は鏡開きですね!

◆明日は「名古屋綜學院」林ゼミの、記念すべき第1回講座が開催されます。
詳しくは下記をご覧下さいませ。
https://www.facebook.com/event……238302778/

その121 なぜ金持ちの娘は贅沢でワガママなのか~少女漫画のワンパターン

筆者の子供の頃、少女漫画の中に出てくる主人公の女の子は、父親が会社員で、さほど裕福ではない家庭に育ち、性格はとても善良、勉強はそこそこに出来るというタイプが一般的であったと記憶しています。それに対し、主人公を虐(いじ)める性悪(しょうわる)な子は、事業家か何かの金持ちの娘で、贅沢でワガママという設定でした。

多くの皆様から年賀状を頂き、心から感謝御礼申し上げます

こんばんは。お疲れ様です。今日から仕事始めの方も多いと思います。林の新年初講義は、明日の浜松・東林志塾からです。

◆今年は一層変化に富んだ年になりそうです。変化を進化に生かせるよう、心して原点(素志)・大局(全体観)・本氣(立志)・徹底(智恵)を見直しましょう!

その120 物事を四つに分ける四元論で、二元論の行き詰まりを打開しよう!

◆四元論と四観◆

綜學の実践編の続きとして、今度は「四元論」を述べます。四元論は、二元論の行き詰まりを打開するための哲学であり、綜學の「ものの見方」の基本となる思考法です。物事を四つに分ける四元の思考だから、「四元思考」とも呼びます。この四元論を、いろいろな場面で生かして頂くことが、綜學の大切な実践となります。