その8 世界を救うための大切な“秘伝”が書かれていると直観!

三大教祖へ世界平和を祈っているうちに、古代文明について興味を持つようになりました。中学生の頃、エジプト文明やギリシア・ローマ文明など、世界の古代文明を特集しているテレビ番組を見付けると、勉強そっちのけで食い入るように観ました。過去に人類は、世界各地で優れた文明を創造してきたが、ある段階で亡びてしまう。それはなぜだろうと疑問を抱いたものです。

焦っているなと感じたときほど、もう少し気長に自分を見つめ直そう

こんにちは。今日は本暦四月十五日ですが、満月は明日となります。

◆明後日は岐阜で講義。「日本学」の最終回を分かり易く話します!
☆岐阜「東海こころざし勉強会」
日時:5月12日(金)午後6時受付 6時半~8時半
演題:日本学「自尊主義」
~日本国の役割と自分の使命を結ぼう~
全ては志から始まる!先祖から自分へ、さらに子孫へと続くタテイトが人生の基本軸、人類の危機を救うのが日本と日本人の役割 他

その7 綜學に至る人生

◇50年以上続けている、三大宗教教祖への綜合的な祈り◇

いろいろ学んだことが綜學にまとまっていく経緯について、もう少し詳しく述べておきます。振り返れば筆者の人生は、いつも綜合性と全体観につながることばかりでした。

言・行・果の一致と先を読む力~信頼されるリーダーとなるために…

おはやうございます。今日5日は端午の節句(こどもの日)、そして立夏です。

◆お陰様で本メルマガは1000号に達しました。いつもご覧下さり本当に有り難うございます。これからも何卒宜しくお願い申し上げます。

その6 ナンバーワンの覇権大国になった向こうに、一体何があるのか

さて、21世紀の現代は、文明そのものが行き詰まっています。大量殺戮兵器の開発が示すように、皮肉にも人類が起こした文明によって、人類全体が亡びてしまうかも知れないほどの危機に陥っています。これを救うには、文明の原理から創り直す必要があります。それは、西欧中心の文明から、東西融合の共生文明への大転換に他なりません。

国会綜學勉強会で講義。後で自分の憲法観の偏りに気付く

こんばんは。ゴールデンウィークに入り、皆様いかがお過ごしでしょうか。綜観の連休中の“宿題”は、A4用紙156枚の校正作業です。

◆連休明けの9日(火)は浜松、12日(金)は岐阜で講義します。