人のささやかな幸せを守る世の中の構築

鳥栖市議会議員 下田ひろし

鳥栖市議会議員 下田ひろし

我が国を本氣で憂い、立ち上がった同志がいた

大学時代、児童養護施設での経験から「人のささやかな幸せが守られる世の中を創らなければならない」と強く思いました。これが私の政治家を志した原点です。しかし、いざ議員として活動していると、全くと言って良いほど前に進まず、「政治は駆け引き」という現状に嫌と言うほど直面しました。そんな時に林英臣政経塾をたまたま知り、その場で連絡し、数日後に行われた入塾認定に志願したのが最初です。林塾では、政治の世界特有の駆け引きなどではなく、国を憂い、己の心の源にある「原点」を追求し、それを如何に実現するかということを本氣で実践している若手政治家がいました。一人で腐っているのではなく、全国で苦しみながらも戦っている同志たちと政党も自治体も越えて立ち上がることで、我が使命を全うし、地域から我が国の根底を創り上げていかなければなりません。

天から与えられたそれぞれの使命

人には、必ず生まれながらに与えられた使命があると信じています。この時代、この家族に生まれてきたことは全て必然であり、そこには必ず意味がある。そして、その天命を受け入れ、社会の繁栄に向けて心を尽くしていくことが人生の至上命題であると考えています。しかし、巷にあるほとんどの研修会は、残念ながら全てハウトゥーを学ぶことのみに特化しており、ほとんどの人が自分自身の存在意義を内観すること無く、学業や仕事に追われて時間を過ごしてしまっています。

 政治家天命講座では、徹底的に夜通しで討論を行い、己の果たすべき使命を自分自身に問いかけていきます。私はこの徹底討論を本氣の「斬り合い」と呼んでいます。そして、その名の通り、互いに厳しく激しく魂をぶつけ合うことで切磋琢磨する時間を過ごしております。思想・理念を魂レベルで共有し、日本の為に心を尽くして参ります。

一人ひとりの魂の思いが、まちをつくり、国をつくる

私は、人それぞれの存在意義や役割を自覚していただく為の「お手伝い」が大きな使命の一つだと考えております。人それぞれに宿っている内的潜在力を引き出すことが、鳥栖ブランドに繋がるものと考えております。そのためにも、林塾で行っている「原点・大局・本氣・徹底」を、学生インターン生や社会人に対して研修しております。

また、難病の方々との対話を通して、「難病サポーターズクラブJAPAN」を設立しました。徐々にですが、佐賀市を軸に、鳥栖市、福岡県でも団体が立ち上がっています。そして、保護者の方々と連携し、特別支援教育の環境充実に向けた活動も力を入れています。さらには、地元J1チームであるサガン鳥栖と地元活性化のための「とす!応援プロジェクト!」も始まります。全ては対話から生まれたもの。魂の思いを繋ぎ合わせていくことで未来を拓きます。

地域の宝を深く広く発信する。
(写真:地域の宝を深く広く発信する。)

政治活動

  • 平成16年
    衆議院議員秘書
  • 平成21年
    鳥栖市議会議員当選(1期目)
  • 平成25年
    鳥栖市議会議員当選(2期目)