真の市民参画政治を実現したい!
米沢から日本改新のモデル発信を!

山形県米沢市議会議員 中村圭介

山形県米沢市議会議員 中村圭介

~熱い火種を絶やさぬ為に~

30歳に移り住んだ仙台で人生の転機を迎える。都市と地方の格差を痛感し、また同世代は将来に夢も希望も抱けず、将来への諦めや空しさを抱いていました。地元米沢を調べてみると右肩下がりに減少し続ける人口、逼迫した財政状況にあることがわかり、同世代に夢と希望を与えたい!昔抱いていた【人の役に立ちたい】という思いがこみ上げ、市議への立候補を決意しました。地方議員として活動する中で、進まぬ改革に悩み壁にぶつかっていた頃、林塾と出会いました。学びから日本人としての誇りを取り戻し、地域から日本、世界、宇宙を意識するまでになったのです。

目標とする日本改新を実現するには、社会一般に前向きな活気が必要であるが、昨今のなんともいえぬ閉塞感から多くの市民、国民の心は灰のように冷め切っています。しかし、まだ燻っている火種、熱き人材はまだまだいるはず!同志を発掘し連携を図りその火種を米沢全土に、そして日本全土に熱い炎として広げていきます。米沢の名君、上杉鷹山公のように。

現在、地元若者と連携した地域活動がようやく実ってきました。その小さな火を絶やさぬように物事を成し遂げる強い意志、志をもって日々精進して参ります。

常に切磋琢磨できる関係でありたい

サラリーマン出身の議員として日々の活動を重ねてまいりましたが、行政への提案は一日二日で変わる物ではありませんでした。変わらぬ現実に心折れそうになった時、出会ったのが林塾であり、支えてくれたのが同志メンバーです。全国に散らばる同志から、改革の成功事例や叱咤激励、徹底的な討論を重ねる事で高いモチベーションを取り戻し地域に戻ることができました。林塾での出会いが私の議員活動にとって大きな糧となったことは間違いありません。また、米沢市議で同期でもある相田光照塾士、渋間佳寿美塾士と共に学ぶことができたのは非常に意味のある物でした。林塾での学びを常日頃から意識し、深く落とし込む事ができたからです。議会活動でも連携することで、声を大にして提言し数々の事業実施に結び付いております。これからも切磋琢磨し米沢から日本改新に向けて活動を加速させていきたいと思います。全ての同志に心より感謝!!

地域再生のキーマンとなる若者たち

普段の何気ないカフェでの会話。「地域活力がまるでない」「市中心部は寂れている」こんな愚痴を言っては将来のまちについて日々語り合っていました。だったら「自分たちが変えていこう!」私の周りの友人たち(若者)は立ち上がったのです。20代、30代の若い世代が中心となって中心市街地活性化に向けたイベントの企画から運営を行ったわけですが、若者のアイディアと行動力が主体的に動く事で大きな推進力になることを改めて実感できました。また、活動を通して参加したメンバーが共に切磋琢磨し、成長できたのも大きな収穫です。今回のイベントに参加したメンバーがその後も各地域の活動に関わって活躍しております!こういったイベントを通して賑わいづくりはもちろんですが、地域コミュニティーの再構築を担う人財の育成を図っていく事が重要だと思います。今後も若者が主体的にまちづくりに参画できる支援体制構築に力を入れていきたいと思いますし、私自身も積極的にイベントに参画していきます!

①地域の若者が主体となって創り上げた地域イベント ②イベントに携わったボランティアスタッフとの反省会
(写真:①地域の若者が主体となって創り上げた地域イベント ②イベントに携わったボランティアスタッフとの反省会)

政治活動

  • 山形県米沢市議会議員