大切なものを守るため、変える

小平市議会議員 伊藤央

小平市議会議員 伊藤央

日本の果たすべき役割

個人の自由や権利ばかりを声高に叫ぶ一方で、自らが果たすべき役割を果たせず、その与えられた天分に気づくことない人々によって、世界は混迷の極みと言える状態にあります。明らかに行き詰った経済システム、自然を破壊し、奪い合いを続ける世界を救わなくてはならない。

和の国、日本。

我々の国にこそ、新たな世界秩序を生み出す役割がある。西洋を模倣する時代は終わった。これからは日本が新たなモデルを示すべきである。ヒントは足元にある。日本の原点を知ることで、新たな道が拓けるはずだ。

全国に志士がいた

変わることを嫌う、正論を言えば疎んじられる、ムラ社会のような地方政界の中でやる気を出せば出すほど孤立する。同じような境遇の若手政治家が全国で孤軍奮闘していた。

そんな志士たちが集まり、日本の将来を語り合い、互いに遠慮なく斬り合うのが林英臣政経塾。自分よりも若く、優秀で、志も高い政治家が山ほどいる。日本は大丈夫だ。林塾でそれを確信した。

自立した誇りある地域を創造する

日本が世界の中で果たすべき役割があるように、我が地域にも日本の中で、いや、世界の中で果たすべき役割があるはずだ。都や国にお願いをして予算をもらってくることに執心するのをやめよう。自らの足で真っ直ぐに立ち、誇るべき地域の歴史、伝統、文化、自然環境を存分に活かした地域づくりをはじめよう。

小平クリーンアッププロジェクト。目の前のゴミを拾おうと毎週清掃ボランティア活動を展開中。
(写真:小平クリーンアッププロジェクト。目の前のゴミを拾おうと毎週清掃ボランティア活動を展開中。)

政治活動

  • 市議会議員2期
  • 代議士秘書10年