我が個性を知り、自分に自信をもち世の為人の為に日々の覚悟をもって生きる

松戸市議会議員 岩堀研嗣

松戸市議会議員 岩堀研嗣

人には必ず生まれ持った個性や才能がある

すべての人には生まれながらに持つ輝かすべき個性や才能が備わっています。

私は子供時代、自分からクラスメートに声をかけられないほど消極的でした。今でいう離人症です。自分の感情がわからない、生きている実感が全くない。自分の可能性を閉ざすことほどつらいことはないと痛感しています。しかし、そんな私を多くの人が支えてくれて、今こうして、生まれ育ったこの地域のために使命を果たしたい!と言い切る私がいます。

市民それぞれが個性才能を発揮し、輝く社会をつくる。これが目下の目標ですが、本塾では、大局観を広く持ち、今後世界のあらゆる地域で予測される政治経済の不安定や危機に対し、世界を救うだけの重要な役割を担えるのは我が国であり、それを成し遂げるために我々日本の政治家はどうあるべきか、今何をすべきかという視点を学びました。その想いを絶えず持ち続けています。

追いつき、追い越すべき目標

本塾は一人ひとりが高い志に基づく行動を伴った政治家集団であります。それぞれの使命、関心事に従い日々活動を行い己を高めていますが、既に首長や国会議員など国民・市民から多くの信頼を得、新しい日本を創造する啓蒙思想家としての政治家として活躍しつつあります。そして彼らには、平時からいつでも刀を抜ける武士道精神が身についています。

そうした姿から、自分に足りないもの、欠けているものを気づかされ、同時に「よし、自分も負けてはいられない、やってやろう!」という気持ちが高まります。

本塾では、皆、政治家として生きていくならば、高いところに座標軸をもち、大局観を広げ、日本を変え、世界を救う気概をもって熱く生きています。こうした同志が団結することにより、日本を改新するだけのエネルギーが生まれてきます。

今の私にとって、本塾の同志は、追いつき、追い越すべき目標です。何度でも自分の殻を破って成長してまいります。

世の中を変えることは自分を変えること

それぞれの人の個性が存分に発揮され、輝いていける社会。たった一度の人生をこの街で過ごせて本当に良かったと心から実感できる社会をつくることが私の使命です。

世の中を変えることは即ち自分を変えること。私にはまだ打ち破らなくてはならない殻があります。これを破り、何度でも脱皮をしながら、生まれ育った地域社会を住民の皆様と力を合わせ、前進して参ります。私が多くの人々から支えられ与えられたように、日本人は真の心や身体の安寧を与えたり、人の持つ豊かな感性を引き出せる素晴らしい力を持っています。その力を我が地域から発信し、広げることが、しいては世界に誇れる日本をつくることにつながり、世界を救う国へと成長すると信じ、邁進します。

グランドゴルフに、氏神様での新年の甘酒くばり様々な年代の人と共に地域を盛り上げています。
(写真:グランドゴルフに、氏神様での新年の甘酒くばり様々な年代の人と共に地域を盛り上げています。)
  • 平成26年 松戸市議会議員(四期目当選)
  • 平成22年 松戸市議会議員(三期目当選)
  • 平成14年 松戸市議会議員(二期目当選)
  • 平成10年 松戸市議会議員(一期目当選)