No.52 為すべき事を為していれば、時間が解決してくれる

何事であれ、自然に剥がれるときが来るもの

老子は謙遜して語ります。この私に些か(いささか)なりとも明知(めいち)があるならば、無為自然の大道を行くのに、脇道に逸れてしまわないかどうかを心配するだろうと。明知とは、微妙なものを察知する働きのことです。それがれば、堂々と大道を進むことが出来ます。後はただ、つまらない脇道に入ってしまうことをのみ心配せよと言うのです。

脇道とは、小道や近道のことです。楽をしたいと思えば小道に向かうでしょうし、何か問題があって、早く終わらせたいと考えれば近道を選ぶことになります。しかし、楽をしたい、早く解決したいという気持ちは、やはり後ろ向きの感情であり、焦りと疲れを生むだけです。

大方の問題は、為すべき事を為してさえいれば、必ず時間が解決してくれます。
悲しみや怒りも、時間と共に緩んでまいります。丁度、擦りむいた後の瘡蓋(かさぶた)が治癒と共に落ちるように、何事であれ自然に剥がれるときが来るものです。その自然治癒のときを待つことを、老子は大道と呼びました。

酸いも甘いも噛み分けた人間通

しかし、待つという作業は、信号が赤から青に変わるのさえ待ちきれない我々にとって、なかなかの苦労です。なるようになるまで我慢出来なくて、無理矢理終わらせたくもなります。

そうして、早く楽になりたいという気持ちの焦りから、却って問題を拗れ(こじれ)させ、傷を深くしてしまうのです。その場を取り繕ったり、言い訳を重ねることになったりすれば、対立は深まるばかりです。

但し、待てといっても、ただ単に問題を放っておけばいいと言っているのではありません。問題に対する応急手当も、相手の出方に応じた断固たる処置も、解決のプロセスの中では必要な対応です。一度、激しくぶつかり合ったほうが、ガス抜きになっていい場合もあります。そうしたことも踏まえ、やれることをやった上で、自然回復力が働き出す頃合いを淡々と待つのがいいと言いたいわけです。

酸いも甘いも噛み分けた人間通ならば、その辺のことがよく分かっているでしょう。苦労を積み重ね、修羅場をくぐった体験から、問題解決の流れを見極めていける明知を持っているのです。そういう達人であれば、自然に大道を行くことになるはずです。

その大道は、本来歩き易くて平坦な道です。なのに、多くの人々は小道を好んでしまうようだと、老子は嘆息しました。(続く)