No.72 一言でズバッと相手を斬り込むことの出来る凄み

餌に釣られる犬の如き人生でいいはずがない

大体、有力な相手から与えられた地位や名誉などというものは、相手の気が変われば、たちまち奪われてしまうものです。そんな餌に釣られる犬の如き人生でいいはずがありません。魂を売って名利を手に入れ、操られたまま平気でいられるような、主体性に欠けた人生とならないよう注意しましょう。

この「命もいらず、名もいらず…」という大西郷の精神と、ほぼ同じ意味の言葉を老子も伝えております。「(玄妙なる合一を)得たならば、(その者に)親しむことも疎んずることも出来ない。利益を与えることも、危害を加えることも出来ない。(地位を上げて)貴ぶことも、(地位を下げて)賤しくすることも出来ない。だから天下の高貴となれるのだ」と。

誰だって、生きていくためにお金は欲しいし、傷付けられるのは嫌だし、地位や名誉を貰いたがるものであるから、なかなかその心境に達するのは難しいでしょう。が、それらに迷わされない人物とならなければ、不動の境地への到達、則ち「玄妙なる合一」には至りません。

この「玄妙なる合一」に到達した人物に対しては、馴れ馴れしく近付くことも、強いて遠ざけることも出来ない。利益を与えて動かすことも、危害を加えて大人しくさせることも出来ないと。地位をエサに味方に付けることも、失脚させて無力にさせることも出来ないのですから、これは「天下の高貴」、則ち真の巨人であるということになります。

無駄な言葉や観念的な表現を少なくせよ

先に述べた通り、「世の中をよく泳ぎたい」という軽薄な輩ばかりでは、世界も日本も進化発展しません。そうではなく、「世の中をよくしたい」という使命感を持った人々の努力によって、国難を乗り越えていく力が生まれるのです。

「よく泳ぎたい」という者は自己中心的で、他者を救おうという意識が欠乏しています。身の安全を最優先し、常に自分の損得を基準に行動を決めているのですから、口にする言葉に重みが伴わなくなり、抽象的・観念的な表現が多くなります。感動に欠けた言葉、無駄な表現が多くなるということです。
あるいは、揚げ足を取られないためや責任逃れのため、具体的・現実的な言葉を避けていくということにもなります。

だから、そうならないよう本章(第五十六章)の冒頭に、「(道を)知る者は言わず、言う者は(道を)知らない」と書かれていたのです。どんな世界であれ「天下の高貴」ともなれば、無駄な言葉や観念的な表現が少なくなるものです。その分、たった一言でズバッと相手を斬り込むことの出来る、達人の凄みというものが出てまいります。(続く)