No.2 第1章 序説(最初の言葉)

1、大国民の要素(立派な国民になるために必要なこと)

イギリス(英国)という国がヨーロッパにあります。イギリスは日本よりも小さな島国でしたが、やがて地球上の4分の1を領土に持つ世界一の大国になりました。大国への成長は、偶然(ぐうぜん)起こったわけではなく、そうなる理由がありました。イギリスには、立派な国民になるための精神の本流があったのです。

イギリスでは「皆さん、鳥の目のように高いところから全体を見ましょう。虫のように低いところだけ見ていては、立派な国民にはなれなせんよ」と教えているそうです。そうやって、国民精神というものを育ててきたことが、イギリスの繁栄(はんえい)の根本の理由だったのです。

鳥のように高いところから眺(なが)めていると、何でも綺麗(きれい)に見えます。あちらこちらに汚れたところがあっても、上空から見れば美しく見えるものです。人間に対しても、短所ばかり見ていないで長所や美点(びてん)を見るようにしていけば、自分の心も相手の心も明るくなり、お互い伸び伸びと栄えていけるようになるでしょう。

反対に、虫が泥(どろ)や溝(どぶ)の中の汚れを見ているように、人々の醜(みにく)いところだけ見ていて、短所や欠点を探し回っているようではいけません。良いことは言わず、人の悪口ばかりいろいろな場所で言うような国民に、成長や発展(はってん)はないと思います。

私は、日本国民の目標として「日本の良いところを見つけ、立ち位置を日本に定めて生きよ。そうすれば立派な日本人になる」と叫びたい気持ちでいっぱいです。この「立ち位置を日本に定めて生きる」ことを「大日本主義」と言います。「大日本主義」は、大国民(立派な日本人のこと)になるためにどうしても必要な精神です。

【補足(つけ足して補うこと)の説明】
「主義」とは、こうでなければいけないと考え、堅(かた)く守っていく方針(ほうしん)のことで、英語ではイズム(ism)と言います。イズムを持つと偏るからダメだと教える人もいますが、決してそのようなことはありません。

主義が無ければ考え方の基本が育たず、ある人から意見を聞くとその通りだと思い、また別の人から違う意見を聞くと、それもそうだと思うように、迷いが多くて気持ちの定まらない人になってしまいます。ちゃんとした主義を持つようになれば、自分の信念(しんねん)を保った上で、人の意見を聞くことのできる余裕(よゆう)というものが育つはずです。