No.8 日本国の肇(はじ)まり

では日本国の肇まりは、どうであったのでしょうか。我が国では、天照大御神(あまてらすおおみかみ)という宇宙全体を照らすくらい尊い神様が神々を率(ひき)い、高天原(たかあまはら)という高貴(こうき、立派でとうといこと)で広々とした場所で熟議(じゅくぎ、よく話し合うこと)されました。そして、この世に平和を建設しようという方針を立て、大御神の孫にあたるニニギの尊(みこと)を高天原から降(くだ)らせました。

そのとき天照大御神は、次のようなご神勅(しんちょく、神様のお言葉)を出されました。これを天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅といいます。
天壌は天地(あめつち)、無窮は終わりのないことです。

「葦(あし、水辺に生える草)が生い茂り、生き生きした稲穂(いなほ)が永遠に実る国こそ、私の子孫が王となる地です。我が孫よ、行って治めなさい。
さあ行きなさい。天皇(てんのう)の位が受け継がれて栄えることは、天地と一緒で終わることがありません。」

こうして、天照大御神の子孫によって、日本の国が治められることになりました。我が国をまとめる中心が明らかにされたのです。

そして、天照大御神は三種の神器(さんしゅのじんぎ)という宝物(ほうもつ)をニニギの尊に授けました。ヤサカニの曲玉(まがたま)とヤタ鏡とクサナギの剣(つるぎ)です。三種の神器の玉は愛情、鏡は誠(まこと)、剣は正義を表しています。これらの詳(くわ)しい説明は後でします。

ニニギの尊の次はヒコホホデミの尊、その次はウガヤフキアヘズの尊、さらにカムヤマトイハレビコの尊へと子孫が続きます。カムヤマトイハレビコの尊は、初代の神武天皇(じんむてんのう)のことです。

補足:ヒコホホデミの尊のヒコは日子、ホホは穂穂、デミは出実です(ミは神霊を称(たた)えた音でもある)。日の神である天照大御神の孫として、稲穂が良く出て実る様子を表しています。

ウガヤフキアヘズの尊のウガヤは、鵜の羽でできた産屋(うぶや)のことです。
その屋根が葺(ふ)き終わらないうちに誕生した皇子(みこ)であることから付けられた名前です。

カムヤマトイハレビコの尊のカムヤマトは神日本(かむやまと)、イハレ(いわれ)は大和地方の政治の中心地の名、ビコは日子です。神々しい日本の初代天皇として、天照大御神のご精神を受け継ぎ、大和の地で即位することを示しています。

ニニギの尊が降りましたところは、九州は日向(ひゅうが)の高千穂(たかちほ)です。ニニギの尊とヒコホホデミの尊、ウガヤフキアヘズの尊の三者を合わせて日向三代(ひゅうがさんだい)と呼びます。三代に続く神武天皇は、日向を発(た)って苦労しながら大和の地に向かいます。(続く)