No.9 大和に都を定めた神武天皇

神武天皇は、天照大御神のご神勅に基(もと)づき、天皇による政治をおこそうとされたのです。でも、その考えを理解して、協力してくれる人々ばかりではありません。どうしても分かってくれなくて、仕方なく戦いになることもありました。天皇は、途中で三人の兄を失いながら、ようやく熊野に上陸し、吉野をへて大和(やまと)に入ることができました。

そして、橿原(かしはら)というところに都(みやこ)を定め、橿原宮(かしはらのみや)という御殿(ごてん)を建てます。宮が完成したら、そこで即位(そくい、天皇の位につくこと)の儀式(ぎしき)を行って、初代の天皇になられました。

橿原宮を建立(こんりゅう)するときに、次のようなご詔勅(しょうちょく、天皇のお言葉)が出されています。

「私が東方(とうほう)へ遠征してから6年がたちました。高天原(たかあまはら)の神々のお力を受けて、逆(さか)らう者たちを討(う)つことができました。

まだ遠いところは静まっておらず、残りの賊(ぞく)は手強(てごわ)いものの、中央の大和の国はもう騒(さわ)ぎがおさまりました。そこで、この地に都を開き、御殿を建てようと思います。

今は、はじまりのときで、人々の心は純粋(じゅんすい)で素直(すなお)です。木の上に巣を作ったり、洞窟(どうくつ)のような穴を掘ったりして住んでおり、未開のままの風習(ふうしゅう)が普通(ふつう)です。

聖人(せいじん、立派な人物)は、きまりを定めて政治を行います。聖人のように道理(どうり、すじみちのこと)や理想を示せば、きっとこれからの時代に合うでしょう。私は国民の利益になることをするのですから、進めていく聖人の政治に、妨げが起こるはずはありません。

そこで、山林を伐(き)り開いて宮殿を造営(ぞうえい)し、謹(つつし)んで天皇の位に即(つ)いて国民を安心させていこうと思います。

上(かみ)にあっては、国をお授け下さったタカミムスヒの神と天照大御神の徳(とく、正しい心と立派な行い)に答えます。下(しも)にあっては、ニニギの尊が正しさを養われた御心(みこころ)を弘めてまいります。

そうして後(のち)、六合(りくごう、天地四方)をまとめる都を開き、八紘(はっこう、八方の遠いところ)を覆(おお)って大きな宇(いえ、家)と為(な)してまいります。

あの畝傍山(うねびやま)の東南の橿原(かしはら)の地は、国の中央にあたる奥深いところです。さあ、そこに都を定めましょう。」(日本書紀)

それから約2年がたち、橿原宮は完成し、天皇は即位されました。そして、この歳(とし)を「天皇元年(すめらみことのはじめのとし)」として、年数を数える紀元(きげん)としました。

補足:タカミムスヒの神は宇宙に働く積極的な生成力(生み成す力)のことであり、男性的決断力が求められる場面で登場します。

そもそも神武天皇が東征(とうせい)されたのは、人々が未開な暮らしのまま、小さな村に分かれて争い合い、世が乱れていたからです。そのままでは文化は起こらず、生活も向上しません。

ニニギの尊が高天原から日向に降られましたときも同様(どうよう)で、世の中はまだ暗く秩序(ちつじょ)がありませんでした。ニニギの尊は正しい道を養い、人々が喜ぶことを積み重ねられます。そして、長い年月が過ぎて神武天皇の時代になりました。

神武天皇は、その業績(ぎょうせき)を継いで、我が国全体を皆が仲良く暮らせる立派な国にしようと決意されます。すると神武天皇の耳に、東方に緑の山に囲まれた美しいところがあるという話が届きました。そこは、きっと日本の中心にふさわしいところだろうと思って、日向を発(た)って遠征し、やがて都を定めることができたのです。

神武天皇のご東征のとき、土着の人々で協力してくれる者がいました。彼らには地位を与え、土着の神々もちゃんと祭りました。その子孫は、代々の天皇が即位するときの大嘗祭(だいじょうさい)という儀式で、今も重要な役を果たしています。

こういう事実から、決して侵略や征服が目的ではないということが、よく分かっていただけるはずです。もしも国民を苦しめる侵略であったなら、今日まで皇室が続くわけがありません。(続く)