No.10 天照大御神がはじめられ、神武天皇ご即位で完成

日本の国は天地(あめつち)と一緒だから、決して終わることがないという天照大御神のお言葉(天壌無窮の神勅)。その天照大御神がニニギの尊に授けた、三種の神器に込められたご精神。玉は愛情、鏡は誠、剣は正義です。

それから神武天皇の、我が国全体を、皆が仲良く暮らせる立派な国にしようというご決意。日向を発(た)って遠征し、大和に都を定めるときに示された、天地四方をまとめる都を開き、八方の遠いところまで覆(おお)うほどの大きな宇(いえ)を起こそうという大きな目標。これらの内容を味わえば味わうほど、その深さと尊さに感動します。

これらの精神は、国内ばかりか国外に出しても、道理(どうり、正しい筋道)に背(そむ)くことがありません。歴史を通して、また未来に対して間違いのない、天地に恥じない公道(誰もが通ることのできる道)です。まさに日本の建国精神そのものであり、そこから日本に立ち位置を置く大日本主義が確立(かくりつ、しっかり成り立つこと)されていきます。

なお、建国の時期ですが、ニニギの尊が日向に降られましたときや、神武天皇のご即位のときが相応(ふさわ)しいという意見もあります。私としては、建築が土地の神様を鎮(しず)める地鎮祭(ぢちんさい)から始まり、落成式(らくせいしき)で完成するように、日本の建国は天照大御神によって肇(はじ)められ、神武天皇のご即位によって完成されたものと考えます。

つまり、自然の順序をへて成立したのが日本という国なのです。ちょうど一粒の種が蒔(ま)かれ、それがしばらく土中にあって水や温度を受け、芽が出てやがて大樹(たいじゅ)に成長するのと同じです。武力や金力、権力によって無理矢理(むりやり)急造(きゅうぞう、急いで造ること)された国とはわけが違うのです。

明治天皇は、その事実を教育勅語(きょういくちょくご、明治23年に出された教育の根本精神)で、「国を肇むること宏遠(こうえん、広くて遠大なこと)なり」と示されました。

なお、建国という言葉は、本当は日本の歴史に相応しい言葉ではありません。
日本は人為(じんい、人間のたくらみ)で建てられた国ではなく、神意(しんい、神々のご意志)によって開かれた国だからです。では開国がいいかというと、開国は明治維新の開国と思われてしまいます。それで、仕方なく建国という言葉を使っております。

では次の章から、大日本主義の内容について具体的に述べてまいります。

補足:建国には人の思惑(おもわく)で建てられた国というイメージがあります。権力欲といった人の思いを超(こ)え、自然に開かれてはじまった場合は「肇国(ちょうこく)」というべきです。それは、先に補足で述べた通りです。

ところで、権力者は国家をつくって人々を苦しめる。国家があると戦争が起こる。だから国家をなくそうという意見があります。この意見は、胃をなくせば胃の病気がなくなるというのと同じです。国家がなければ平和になるかというと、それどころか回りの勢力に侵略され、もっと悲惨(ひさん)なことになります。国家をなくすのではなく、人々が幸せに暮らせ、世界平和を導くことの出来る立派な国家をつくるよう努力しましょう。(続く)