No.11 第3章 平和主義(世界平和は日本人の使命)

「立ち位置を日本に定めて生きる」ことが大日本主義です。日本人であることに誇りを持ち、自分に与えられた使命を果たしていくのが大日本主義の生き方なのです。

その第一に心得えて欲しいのが「平和主義」です。日本のことをよく知らない外国人ならしかたありませんが、日本人でありながら「平和を愛する国民性」を分かっていない人がいます。

日本は昔から尚武(しょうぶ)の国だから、好戦的な国であると誤解しているのです。これは大変な間違いです。世の人々は、尚武と闘争を混同(こんどう)しています。尚武は武をたっとぶことであるものの、乱暴とは全然違います。

「武」は「戈」と「止」が組み合わさった漢字で、戈はブという読み(発音、カ→ブ)を、止はもともと「歩」で、大股(おおまた)に勇ましく進んでいく様子を表しています。

その勇ましさは、気は優しくて力持ちという、正義の心が基本となっています。武には、しっかりしていて物事に動じない人格の高さがあります。自分の事は後回しにしてでも、みんなのために役立とうとする奉仕(ほうし、見返りを求めないで他のために尽くすこと)の心が伴っているのです。

尚武と、やたらに戦う闘争や好戦との違いが分かっていただけたと思います。

さて、生物はそれぞれ生まれながらの特徴を持っています。馬に生まれたら足が速くなります。牛に生まれたら角(つの)が生(は)えます。薔薇(ばら)などの荊(いばら)なら棘(とげ)が出ます。桜なら花が咲き乱れます。

それと似たことが、国民性(その国民が持っている性質)にも起こります。諸外国には、その国民性に闘争性や侵略性が見られる場合が少なくありません。いくら正義や人道(じんどう)に基づくスローガンを掲げてみても、あれこれ組織や制度を変えてみても、なかなかうまくいきません。

しかし我が国は、日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦の3回の戦争を経(へ)ましたが、いまだ一回もケンカを仕掛(しか)けたことも、侵略を目論(もくろ)んだこともありません。私たち日本人は、そのことを明瞭(めいりょう)に知っているはずです。

では次に、日本の平和主義を3項目に分けて説明しましょう。

補足:明治時代の日本が、外交上一番心配していたのは、ロシアの南下でした。ロシアは不凍港(凍ることがなく一年中使える港)を求めて南下し、東アジアの支配を広げようとしていました。

清朝(シナ)や李氏朝鮮の政治がしっかりしていれば、ロシアの南下を食い止められたのですが、どちらも社会秩序(社会体制)の末期であったため、ロシアに対抗する力が不十分でした。

詳しい歴史はここでは述べませんが、満州や朝鮮半島を侵略しようとしたロシアの野望を阻(はば)むために、明治時代の日本が日清戦争と日露戦争を戦ったということを忘れてはなりません。そうしなければ日本も危なかったのです。
歴史には、当時の人たちの気持ちになって考えてみなければ分からないことがあるものです。

第一次世界大戦ですが、これへの参戦は、当時の国際条約に基(もと)づいたものでした。日英同盟・日仏協約・日露協約がそれで、日英同盟の約束によって日本はドイツに宣戦布告し、ドイツの植民地である山東半島の青島を攻略し、ドイツが支配していた太平洋上の赤道以北の島々を占領しました。イギリスは、東アジアにおけるドイツ艦隊の動きを心配しており、日本の参戦を必要としたのです。

やがてドイツの潜水艦が、ヨーロッパの地中海で、敵側の商船を警告もなく無制限に攻撃します。この暴挙にアメリカが参戦すると、日本も駆逐艦を地中海に派遣。ある駆逐艦は、ドイツの魚雷攻撃の盾となって船舶を守り、その責務を果たしました。(続く)