No.13 かんながらと日本人の道

そして、全体の幸福を考え、平和を建設するための第一の要素(ようそ)は、無私(むし)の心です。すなわち、私心(ししん、自分中心の心)を入れないことです。神の心には、常に私(わたくし)がありません。ただひたすら、日本国全体、世界全体の平和を深く念願しています。

日本人の、生活と一体になった信仰(しんこう)が神道(しんとう)です。
神道を「かんながらの道」とも言います。かんながらの道は、他に比べるものがないほどの正義と、最高の仁愛(じんあい、まごころと愛情)と、私のない神心(かみごころ)に帰るための道です。

我が国が肇まった頃は、この神々(こうごう)しき気分が国中(くにじゅう)に満ちていました。ところが今は、道義(どうぎ、人が進むべき正義の道)がすたれ、神道が失われています。でも、神道は日本人の本性(ほんせい、本来の性質)ですから、何かのときに現れてきます。かんながらの道の伝統は、流れとして、まだ枯れてはいないのです。

それどころか、今日(こんにち)でも国民精神の根本は至誠(しせい、最高の誠)であり、無私の心で一切(いっさい)を献(ささ)げる神意(神の意志)にあります。神の分霊(ぶんれい、わけみたま)は、今もなお脈々として国民の心血(しんけつ)に流れているのです。そこに、日本が神国である理由があり、平和主義の証拠(しょうこ)があります。

林英臣の補足:実質(ミ)がしっかり結合している状態をクミといい、それを表から見て誉(ほ)め称(たた)えた言葉がカミです。山も、森も、立派に組み組まれていれば神です。

カミのカは、輝(かがや)く、隠(かく)れる、陰(かげ)、霞(かす)む、風(かぜ)、空(から)などのカで、奥深くてはっきりしないようすを表します。
本当は存在しているのに目に見えにくいもの、表から見ただけでははっきりと分からない尊いものがカミなのです。

日本で一番古い本とされている古事記(こじき)に、たくさんの神々が登場します。それは古代の人たちが、あらゆるものに尊さを認めたからです。

また、働きや作用(さよう)も神と呼びました。中心の働き、積極的な陽(よう)の働き、受動的な陰(いん)の働きなども神です。

そして、神は上(かみ)でもあります。尊くて上位(じょうい、上の位置)にあるものは、みなカミというわけです。

その、神の尊さのまま、とても清らかでしっかりしているあり方を「かんながらの道」と言います。「かん」は神、「ながら」は流れるで、「かんながら」は「神の尊さそのままに」という意味です。それが日本人の道でした。(続く)