No.17 私たち日本人は、決して闘争思想に誘惑されてはならない

闘争には必ず勝敗があり、長い目で見ると勝っても負けても不幸になります。
親子が相争わねば幸福を得られず、夫婦が率先(そっせん)して仲違(なかたが)いしないと平和にならず、友人とケンカしないと仲良くできないというわけがありません。

親子が相争えば親子道(親子のあるべき道理)が、夫婦が相争えば夫婦道(夫婦のあるべき道理)が、友人が相争えば友人道(友人同士のあるべき道理)が、人と人が相争えば人道(人としてのあるべき道理)が破壊されます。
これらを破壊し尽くして幸福を得、平和を建設するということは、どう冷静に考えても肯定(こうてい、認めること)できません。

人間は、少なくとも日本人は、富者や貧者、身分の上下の別なく、誰もが平和の建設者となるべきです。家庭やご近所、会社や学校、役所や工場、都会や田舎など、どこにあっても日本人の行くところ、留まるところ、ことごとく善(よ)くし美しくするのが大日本主義の実行者です。

中には、進化論の「力の強い優れた者が勝ち、弱くて劣った者が負けることで進化する」という考え方を曲解(きょっかい、まげて受け取ること)して、闘争するのは進化のために当然必要な過程(途中の段階)であり、これを通らないと人類の文化は進歩しないと考える人もいます。

確かに競争は必要です。でも、叩き合って、つぶし合うだけの闘争は罪悪となります。

競争するときの気持ちというのは、相手が百万円貯金したら、自分は二百万円貯金しよう、相手が優れた作品を造ったら、自分はもっと素晴らしい物を製作しようという積極的な心です。ところが闘争の心理(しんり、心の動き)は、ただ相手を倒すことにありますから、進歩や創造をもたらす考え方にはなりません。

闘争は全体の幸福を破壊する精神なのです。私たち日本人は、決して闘争思想に誘惑されないよう注意しましょう。

ただし、もしも我が日本民族の生存と発展を妨害する者や、日本民族の中心(皇室)を狙う者がいたら、断固立ち上がって悪人を倒さねばならないことは言うまでもありません。(続く)