No.19 一人ひとりが小太陽となる

太陽の光が差しますと、それまで暗かった部屋が急に明るくなります。
日本の国がもっと充実し向上することで、世界中の民族や国々、さらに海も山も草も木も、地球上のすべての存在が明るく照らされ、本来の姿を取り戻して栄えて貰わねばなりません。

太陽が自ら燃えて世界を照らすように、歴代の天皇陛下が自らご神徳(しんとく、とても尊い徳)を養われ、君主として国を治められました。
それを見習って、大日本が世界を遍照(へんじょう、広く全体を照らすこと)するよう、日本人皆が明魂(めいこん、明るくて積極的な心)を持たねばなりません。

日本が世界を照らすというのは、日本の国土が光ることではありません。
そうではなく、日本の人が光ることです。日本人である自分自身が光ることです。一人ひとりが明魂を発揮し、日本人すべてが一つになって輝けば、必ず世界を光で覆(おお)うことができるでしょう。

ですから、大日本主義は太陽主義であり、太陽主義者はまず自(みずか)ら明るくなり、自分の行くところ・留まるところを明るく照らさねばならないのです。

もしもそうではなくて、家庭に入れば家庭が暗くなり、団体に加わればその団体が暗くなり、民間(みんかん)にいれば民間が暗くなり、政府や役所に属せば政府や役所が暗くなるというようでは、大日本主義でも太陽主義でもありません。日本が充実するほど世界が暗くなるという場合も、太陽主義ではありません。日本国の目的に外(はず)れ、建国の大使命に背(そむ)いた行為(こうい)となってしまいます。

我ら日本国民は、一人ひとりが小太陽(小さな太陽)となって、まず自分の居(い)るところ、自分の回りから明るく照らしましょう。
それは大日本主義者の基本となる生き方であり、任務でもあるのです。

林英臣の補足:大和言葉では人間をヒト(人)と言います。ヒトのヒは日や火、光るのヒでエネルギーを、トは止まる・泊まる・留まるのトで宿るようすを表します。ヒトはエネルギーが宿った存在であり、まさに小さな太陽と言えます。