その3 どちらが勝つかを見抜くための五つのポイント

『孫子』十三篇の最初は「始計篇」です。「計」は、「言」と多数を表す「十」の合字(会意文字)で、口で言いながら、まとまった数を計りかぞえることです。計略や計画という熟語がありますように、情勢をきちんと計り、それを表明することによって物事は実現するのです。

「始計」は、始めに計るべき基本、即ち開戦の前によく考察しておくべき課題という意味の篇名です。始計篇には、勝つための基本となる五つの要素や、勝算の見極めの重要性など、総論的な内容が記されています。

《孫子・計篇その一》
「孫子は言う。戦争は国の重大事だ。国民の生死が決まるところであり、国家存亡の分かれ道でもある。だから、しっかり考えなければいけない。

では、どうするか。戦争を検討するときは、五事を考慮し、実情を計り比べるのだ。五事の一は道、二は天、三は地、四は将、五は法である。

道とは何か。それは、国民と君主が同じ意志を持つかどうかという、政治的条件のことだ。心が重なれば、生死を共にすることが出来、危険を恐れなくなる。

天とは何か。それは、昼夜や晴雨の明暗、寒暑、季節など、時期的条件のことだ。

地とは何か。それは、距離が遠いか近いか、地勢が険しいか易しいか、地域が広いか狭いか、地形が高いか低いかなど、地理的条件のことだ。

将とは何か。それは、知謀、信義、仁愛、勇気、威厳など、将士の人格や能力に関する人材的優劣のことだ。

法とは何か。それは、軍隊の編成、職分、主軍の用務などについての、組織的規律のことだ。

これらについて、将軍なら誰でも学んだことがあるだろう。だが、五事をしっかり知る者は勝ち、深く知らない者は勝てないのである。」

※原文のキーワード
昼夜や晴雨の明暗…「陰陽」、軍隊の編成…「曲制」、職分…「官道」、主軍の用務…「主用」

人類史は戦争史と言い換えられます。世界史に比べて平和な期間の長い日本史だけ見ていると分かり難いのですが、人類は有史以来、戦いを重ねて今に至っています。戦いは嫌だからといって、この現実から目を逸らしてはいたら激変期を生き抜けません。

残念なことに、こちらは戦いたくないのに、相手から仕掛けられてしまうことがあります。悔しいことに、気が付いたら、既に侵略されていたということもあります。

家族と仲間が暮らす自国を守るのは、国民の務めです。一人の国民として、世界がどう動いているのか、他国の狙いは何か、相手はどう出てくるか、などについて出来る限り正確な情報を知っておく必要があります。

そのための重要な指針が『孫子』に示されています。どちらが勝つかを見抜くポイントがまとめられているのですから、これを学ばないわけにはまいりません。(続く)