その7 優勢なのはどちらか~それを見極める七つの視点

一に道、二に天、三に地、四に将、五に法。「五事」は勝つための基本です。これらを基に、孫子はどちらが優勢であるかを見極めてまいります。

《孫子・計篇その二》
「そこで戦う双方を比べ、情勢をきちんと計り、実情を求めよ。その見るべき項目は次の通りだ。

君主は、どちらが道によって国家をまとめているか。
将軍は、どちらが有能か。
天の時、地の利は、どちらが得ているか。
法令は、どちらが守っているか。
部隊は、どちらが強いか。
兵士は、どちらが訓練されているか。
賞罰は、どちらが公明であるか。

私はこれらで以て、勝敗を知るのである。」

※原文のキーワード
天の時、地の利…「天地」、守る…「行」、部隊…「兵衆」、兵士…「士卒」

勝敗は時の運とか、戦ってみなければ分からないなどと言います。ところが孫子は、戦う前から勝負は決まっているものだと指摘します。

それを見通すポイントが七つあるそうで、一つ目は「君主は、どちらが道によって国家をまとめているか」です。組織のミナカ(トップ)が道(原理原則)によって、しっかりしているかどうかだと。国家であれば国是や目標が示され、それによって人心がまとまっていることが肝腎となります。

二つ目は「将軍は、どちらが有能か」です。将軍、即ち現場の指揮官が有能でなければ、軍隊が戦闘集団としてまとまらず勢いも出ません。

三つ目は「天の時」と「地の利」です。天は時期的条件、地は地理的条件で、これらについて、どちらが優位を得ているかを問うています。時期についてですが、それは単なる季節のことばかりではありません。内部抗争が治まって組織が刷新されたときや、努力が実って国力が充実しているときなど、戦うのに有利な時期が含まれています。

四つ目は「法令は、どちらが守っているか」です。組織として動くからには、息を合わせた連係プレーが必要です。率先して助け合い、言われなくても補い合えるかどうかです。その基本が小さな約束や決まりを守るところにあり、一人でも違反者が出れば、たちまち連係は崩れてしまいます。

五つ目は「部隊は、どちらが強いか」です。「部隊」の原文は「兵衆」で、軍隊全体を表しています。細部に囚われることなく、部隊全体を大局的に眺めたときに、どちらから勢いと強さが伝わってくるかです。

六つ目は「兵士は、どちらが訓練されているか」です。その勢いと強さの理由として、兵士の訓練が挙げられます。どんな訓練を、どれくらいの期間行い、それによってどの程度精強になったのかを見よということです。

七つ目は「賞罰は、どちらが公明であるか」です。がんばって成果を上げれば認められ、結果に応じて賞される。決まりを破れば注意を受け、役割に外れて損害を出せば罰せられる。この賞されることが確信され、罰を受けることが必定であることを「信賞必罰」と言います。信賞必罰は組織運営の基本中の基本です。

孫子は、これら七点を評価して勝敗を知ったのでした。何事にも情勢を判断するポイントがあるというわけです。(続く)