その11 勝算が多ければ勝ち、勝算が少なければ勝てない

勝てそうか、負けそうか。戦力が互角でない限り、それは開戦前に決まっています。いや、実力が伯仲していても、勝算を多く得られるタイミングというものがあります。戦う前に勝算をよく観て、決断を下すのが指導者の役割なのです。

《孫子・計篇その五》
「開戦の前に、祖先の霊廟で算略会議が開かれる。そこで勝利の見通しが立てられるのは、勝算を多く得ているからだ。

反対に、開戦前の会議で勝利の見通しが立たないのは、勝算が少ないからだ。

勝算が多ければ勝ち、勝算が少なければ勝てない。ましてや勝算が全く無いとなれば勝てるはずがない。

私は勝算を観て、勝敗を明らかに知るのである。」

※原文のキーワード
祖先の霊廟での算略会議…「廟算」、勝利の見通し…「勝」、勝算…「算」、明らかに知る…「見」

チャイナの古代では、開戦・出兵の前に、王の祖先の霊廟で会議が開かれました。それを「廟算」と言います。「廟」は霊廟や宗廟の廟で先祖を祭る社、「算」は算略や算画の算で計略のことです。

そこでの会議で「勝利の見通しが立てられるのは」、「勝算」即ち勝ち目が多いからであると。「反対に、開戦前の会議で勝利の見通しが立たないのは、勝算が少ないからだ」とのことです。

そして「勝算が多ければ勝ち、勝算が少なければ勝てない。ましてや勝算が全く無いとなれば勝てるはずがない」というわけで、勝利の条件を開戦前によく確認しておくことの重要性が示されています。

事前に勝てそうなら勝てるし、負けそうなら負けるという、あまりにも当たり前のことが説かれているのですが、この勝算を冷静に観るということが極めて重要なのです。

そういうことから、勝つための基本である「道」「天」「地」「将」「法」の五事と、勝敗を見通すポイントである「君主」「将軍」「天の時と地の利」「法令」「部隊」「兵士」「賞罰」の七つが解説されたのでした。こうして「勝算を観て、勝敗を明らかに知る」ことになります。(続く)