その15 食糧や飼料の現地調達が、なぜ重要だったのか

食糧輸送が大きな負担であった理由の一つに、輸送担当者自身の食糧も運ばなければならなかったこともあります。もしも輸送の往復に一ヶ月を要したとすれば、担当者一人につき一ヶ月分の食糧を上乗せして運ぶ必要があったわけです。そこで孫子は、食糧や飼料の現地調達の必要性を説きました。

今日の経済活動は、物流の国際化が進んでいますが、それでもこの「可能な限り現地調達で対応する」という在り方は、心得として生かせる場面があるはずです。

現地は現地で利益を出していくということや、人材は現地採用を基本とするということ、あるいはレストランなどが、その地域で採れた食材を主に用いることなども、意味のある現地調達だと思われます。

《孫子・作戦篇その二》
「戦上手は、兵士を二度と徴用せず、食糧は三度と運ばない。装備は自国の物を使うが、食糧は敵地で調達する。それで兵士の食糧はまかなえるものだ。

国家が軍隊のために疲弊するのは、兵士・物資・食糧を遠くに輸送せねばならないからだ。遠くまで輸送すれば、その負担で国民は疲弊する。

また、軍隊が近くに駐屯している場合は物価が上がる。物価が上がれば、国民は蓄えが尽きて生活が苦しくなり、いっそう軍役が激しい負担となる。

こうして、国力が低下して窮乏し、国内の家々の暮らしはどん底に陥ってしまう。国民は所得の7割を税金で持ち去られ、国家財政は、戦車の破損、軍馬の損失、武器・兵器や装備の補充(ほじゅう)、大牛に牽引させる輸送車など輸送手段の消耗によって、その6割が費やされてしまう。

そこで、知謀に優れた将軍は、食糧を敵地で調達するよう努める。敵地で調達した食糧一鐘は、自国から運んだ食糧二十鐘に相当し、敵地で調達した飼料一石は、自国から運んだ飼料二十石に相当する。」

戦上手…「善用兵者」、二度と徴用…「再籍」、食糧は三度と運ばない…「糧不三載」、国家が軍隊のために疲弊する…「国之貧於師」、遠くに輸送…「遠輸」、国民は疲弊…「百姓貧」、軍隊が近くに駐屯…「近師」、物価が上がる…「貴売」、蓄えが尽きる…「財竭」、軍役が激しい負担となる…「急於兵役」、国力が低下…「力屈」、窮乏…「財殫」、国内の家々の暮らしはどん底に陥ってしまう…「中原内虚於家」、7割を持ち去られる…「十去其七」、国家財政…「公家之費」、戦車の破損…「破車」、軍馬の損失…「罷馬」、大牛に牽引させる輸送車…「兵牛大車」、6割が費やされてしまう…「十去其六」、知謀に優れた将軍…「智将」、敵地で調達した食糧一鐘…「食敵一鐘」、自国から運んだ食糧二十鐘に相当…「当吾二十鐘」、敵地で調達した飼料一石…「※くさかんむり&忌+?一石」、自国から運んだ飼料二十石に相当…「当吾二十石」 (続く)