その18 敵に勝って益々強くなるとはどういうことか

続いて「作戦篇」は、敵から捕獲した戦利品を有効利用せよと教えます。遠慮することなく敵から得た兵車を、自軍に組み込むよう諭しました。

《孫子・作戦篇その三》
「敵を殺すのは、奮い立つ戦意による。敵から取った利益は戦利品である。車戦で車を十台以上得れば、まず捕獲した者を表彰せよ。車の軍旗を取り替え、それを自軍の兵車同様に扱い、味方の兵士を乗り込ませよ。また、捕虜にした敵兵を手厚くもてなして自軍に編入させよ。敵に勝って益々強くなるとは、こういうことである。

そういうことから、戦争は勝つことが大事であり、長期戦はよくない。戦争の利害を知る将軍は、人民の生死を司り、国家の安危を決する主なのだ。」

※原文のキーワード
奮い立つ戦意…「怒」、戦利品…「貨」、十台以上…「十乗已上」、捕獲…「得」、表彰…「賞」、軍旗…「旌旗(せいき)」、取り替え…「更」、自軍の兵車同様に扱い…「雑」、味方の兵士を乗り込ませる…「乗」、捕虜にした敵兵…「卒」、手厚くもてなす…「善」、自軍に編入…「養」、益々強くなる…「益強」、そういうことから…「故」、勝つことが大事…「貴勝」、長期戦はよくない…「不貴久」、戦争の利害を知る…「知兵」、生死を司る…「司命」、決する主…「主」

「敵を殺すのは、奮い立つ戦意による」のですが、それを支えるのが活躍に見合ったご褒美(ほうび)です。がんばって手柄を上げれば、必ず賞(ほ)められるということを信じられてこそ、兵士は一所懸命になれます。それを「信賞」と言います。孫子は、敵から「車戦で車を十台以上得れば、まず捕獲した者を表彰せよ」と教えました。

そして「車の軍旗を取り替え、それを自軍の兵車同様に扱い、味方の兵士を乗り込ませ」ます。そうすれば、敵は兵車十台を失い、味方は反対に十台増えます。その差は二十台となるのですから、敵からの捕獲には大変大きな意義があります。

また「捕虜にした敵兵を手厚くもてなして自軍に編入させ」れば、兵車ばかりでなく兵士も増えます。「敵に勝って益々強くなるとは、こういうことである」と孫子は強調しました。

孫子は「作戦篇」のまとめとして、「戦争は勝つことが大事であり、長期戦はよくない」と述べます。繰り返しますが、長期戦くらい国家を衰亡させ、国民を苦しめるものはありません。

だから「戦争の利害を知る将軍は、人民の生死を司り、国家の安危を決する主」であるとまで言い切り、国家と国民が疲弊しないよう配慮出来る「真の戦上手」の出現を強く望みました。(続く)