その47 虚を攻めるというのは、決して卑怯なやり方ではない

原理原則に基づいた正法で基盤を整え、現場では奇法を存分に使って臨機即応に動くという在り方は、経営や仕事にも置き換えられます。

まず定石通りの基本(正法)を身に付け、それから現場の対応力(奇法)を養うという順序は、物作り、設計、料理、治療、カウンセリングなど、殆どの分野で踏んでいることです。武道も、基本をしっかり稽古し、定石通りの攻撃法が身に付いてから応用技に進みます。

奇法は敵の虚である搦め手や側面への攻撃法ですが、虚を攻めるというのは決して卑怯なやり方ではありません。虚には手薄なところという意味があります。社会に不足しているところ、世の中が困っているところ、世間が見向きもしないところ、人の嫌がるところなどに対応するのも奇法となるのです。私益膨張資本主義から公益永続資本主義への転換が起こっている今、公益となるところに虚を見出すことは、とても重要な経営姿勢となるでしょう。

「およそ戦闘というものは、正法で合戦し、奇法で勝つことになる」。孫子のこの言葉は、正法を疎かにした戦いも、奇法を使えぬ戦いも、どちらもダメだということを言おうとしていたのです。奇法のみでは相手の所々に攻め込んだだけの散発戦で終わりますし、正法のみでは敵を崩す突破口を作れません。

そして、実際に勝利するためには奇法がどうしても必要となります。孫子は「巧く奇法を使う者は、窮まり無きこと天地のようであり、尽きぬこと揚子江や黄河のようである。それは終わってはまた始まる日月や、去ってはまた生ずる四季と同じだ」と教えました。

奇法を練るときに湧き出る知恵は、天地のように終わることが無く、大河の流れのように無尽蔵であり、繰り返し昇る太陽や月のように熱量に満ちており、繰り返し循環する春夏秋冬の巡りと同様に途切れることが無いというのです。

こうして、正法と共に知恵に満ちた奇法を駆使するから「敵軍の攻撃を受けても決して負けない」のであり、「兵力を投入するのに、石を卵に投げ込むかのよう」になって勝利していけるのです。

この奇法を練る心得として、音楽なら5つの音階、絵画なら5つの基本色、料理なら5つの味しかないのに、それらを組み合わせれば、いくらでも作曲し作画し調理出来るということを例に出しています。聞き尽くせず、観尽くせず、味わい尽くせないと。(5つの音階は「五音」と言い、宮(きゅう)・商(しょう)・角(かく)・徴(ち)・羽(う)、5つの色は「五色」と言い、青・赤・黄・白・黒、5つの味は「五味」と言い、辛(しん)・酸(さん)・鹹(かん)・甘(かん)・苦(く)となります)。

では、戦いではどうかというと、基本は「正攻法と奇攻法に過ぎないが、その変化(の多さ)は窮め尽く」せず、「正攻法と奇攻法が相互に生かされ合うことは、円環の端が無いのと同じ」であるとのこと。攻め方には正法と奇法の二つしかないが、組み合わせは無限にあり、その生かされ方は円環のように循環して尽きることが無いのです。但し、無尽蔵であれば窮め尽くせる者はいないことになるだろうから、「一体誰が、これをよく窮められようか」と孫子は嘆息しています。

以上をまとめれば、堂々とした正法を基本にしつつも、局地戦では奇法で虚を突き、その奇法も、大局が観えていて、核心を掴んでおり、流れを読んでいてこそ効果を生むということになるでしょう。繰り返しますが、定石通りの攻撃と奇襲攻撃、これらを巧みに組み合わせよというわけです。(続く)