その56 有機的な活動体として一丸になって、天下国家の変革を成し遂げよ!

先に、サロンとパーティの違いについて述べました。単なる勉強会はサロン、世の中に大きな影響を与えられる活動体はパーティであり、両者は全然違います。前者は同学・同好の者が集う場に過ぎず、何かを催しても大交流会的なイベントで終わります。それに対して後者は、同志団結の勢いを持ち、集会を開催すれば天下を動かす国民運動大会と化します。

勉強会やセミナーにも、「日本を良くしよう、世界を平和にしよう」といったスローガンが掲げられている集まりが沢山あります。でも、大抵は受講者個々人の意識向上や、目標設定のサポート程度がゴールとなっています。

確かに、一人一人が志を立て、それぞれ活躍していく姿は、とても素敵なことです。一人一人を見たときは、それぞれ小さな活動に過ぎなくとも、集計すれば大きな灯火となり、その向こうに日本が良くなり、世界が平和になる道がきっとあるという考え方は、本当に崇高で素晴らしいと思います。

しかし、孫子ならば満足せず、「それでは勢いが起きない」と指摘するでしょう。個々バラバラなままでの取り組みには自ずと限界があり、自己満足の集合体にしかなり得ないと。有機的な活動体として一丸にならないと、天下国家の変革は成し遂げられないというわけです。

幕末に長州の松下村塾から一流の志士たちが育ったのも、村塾の教育が個々の育成をゴールとせず、日本を救う変革者養成と、そこから生まれる大業に目的を置いていたからです。

長州には立派な藩校明倫館がありましたが、実行とは無関係の喧噪サロンと化していました。それに飽き足りぬものを感じた久坂玄瑞(げんずい)や高杉晋作らが、吉田松陰先生主宰の松下村塾に向かったのでした。

《孫子・兵勢篇その五》
「戦いの上手な者は、勝利を勢いに求めて(個々の)兵士には求めない。そこで、きっぱりと(個々の)兵士を捨てて勢いに任せていく。

勢いに任せられる者が兵士を戦わせる様子は、まるで丸太や岩石を転がり落とすときようなものだ。丸太や岩石の性質は、安定した状況ではそのまま静かだが、不安定な状況になると直ちに動く。また、四角い物はそのまま止まり、丸い物は直ちに転がり行く。

そういうことから、上手に兵士を戦わせるときの勢いは、丸い岩石を深い谷に転がり落とすときのような勢いである。」

※原文のキーワード
戦いの上手な者…「善戦者」、勝利…「之」、求めない…「不責」、きっぱりと…「能」、捨てる…「択(釈)」、兵士を戦わせる…「戦人」、丸太や岩石…「木石」、転がり落とす…「転」、性質…「性」、安定した状況…「安」、そのまま…「則」、不安定な状況…「危」、直ちに…「則」、四角い物…「方」、丸い物…「円」、転がり行く…「行」、上手に兵士を戦わせるときの勢い…「善戦者之勢」、丸い岩石…「円石」、深い谷…「千仞(せんじん)之山」(続く)