その69 戦う場所と戦いの日、これらを敵に決められてはならない!

敵を十に分散させ、味方は一つに集中する。敵が「虚」、味方が「実」となれば、常に圧倒する勢力で敵を倒すことが可能となる。そういう状況をつくるには、戦いの場所を知られないことが肝腎だ、というところまで述べました。

さらにもう一つ、「戦いの日」を、こちらだけが知っているということが重要です。戦う場所と戦いの日、これらを相手に決められてしまうのではなく、こちらが決めていくのです。それを「主導権を握る」と言います。

人間は不安を嫌います。軍隊において、どういうときに不安が起こるかと言えば、もうじき戦うことは分かっているものの、どこで戦うのか、いつ戦うのかが不明なときです。それらがハッキリしている場合と不明な場合とでは、精神疲労の度合いが全く違ってくるでしょう。

戦いの場所と戦いの日が明瞭であるほど味方同士助け合うことが出来ますが、そういう情報が不明であれば、不安が生じて個々に固まっていき、勢力は分散するばかりとなります。

《孫子・虚実篇その五》
「戦う場所を知り、戦いの日を知ったならば、千里の遠くであっても会戦出来る。しかし、戦う場所を知らず、戦いの日を知らなければ、左翼の軍は右翼の軍を救えず、右翼の軍は左翼の軍を救えない。また、前衛の軍は後衛の軍を救えず、後衛の軍は前衛の軍を救えない。ましてや、遠ければ数十里、近くとも数里も離れていたら尚更だ。

私が考えるに、敵の越の兵がどれほど多いとしても、それだけでどうして勝敗を決める足しになるだろうか。そこで言おう、勝利は人の努力でつくり出せるものだ。いくら敵兵が多くても、戦えないようにしてしまえるものである。」

※原文のキーワード
戦う場所…「戦之地」、戦いの日…「戦之日」、左翼の軍…「左」、右翼の軍…「右」、救えない…「不能救」、前衛の軍…「前」、後衛の軍…「後」、ましてや…「況」、私が考えるに…「以吾度之」、敵の越の兵…「越人之兵」、多いとしても…「雖多」、足し…「益」、人の努力でつくり出せる…「可為」、いくら敵兵が多くても…「敵雖衆」、戦えないようにしてしまえる…「可使無闘」(続く)