その2 ナポレオンの座右の書『孫子』が、多くのリーダーを魅了した理由

かつてチャイナに、春秋時代と呼ばれる時代がありました。周王室の権威は次第に衰え、諸侯は互いに対立し、覇者が次々入れ替わります。下の身分の者が上の者を凌(しの)ぐという、下剋上が盛んな乱世に入っていたのです。諸国は、いかにして自国を守るかに知恵を絞らねばならず、いわゆる兵法の専門家が登場する時代になりました。

呉王闔廬(こうろ、在位前514~497)に仕え、見事な働きを残した孫武もその一人です。斉国出身の孫武は13篇の兵法書を著しており、既に兵法家として知られていたところに呉王から呼び出しがありました。

孫武について語るとき、必ず逸話として出されるのが、呉王闔廬に兵法を説くために行った、宮中の美女180人を用いた練兵です。孫武は美女たちを二隊に分け、王が愛する二人の寵姫を、それぞれの隊長に任じます。

号令によって動くよう命じるのですが、美女たちは笑ってしまって従いません。何度説明してもダメなので、とうとう孫武は隊長二人を斬り捨てます。その後は、美女たちは命令をしっかり聞くようになりました。

この話は、司馬遷が書いた『史記』の「孫子呉起列伝」出ております。残忍な話ですが、軍令の徹底が無ければ軍隊は成り立たないということを、しっかりと教えているエピソードなのです。この孫武が、最も世に知られた兵法書『孫子』の著者である孫子です。

さて、意外かも知れませんが、戦いの書なのに『孫子』は好戦的ではありません。頭を最高にクールに保ち、柔軟に発想し、常に理に適った進路を選び、無理・無謀な戦いはしないよう諭しているのです。そのために、先手準備で万全の体勢を整えよと。

その客観的判断による行動は、まさに現実主義そのものです。現実の正しい把握として、自国と相手国の力量、自軍と敵軍の戦力を精緻に分析させます。そうして、退くべきときには躊躇(ちゅうちょ)無く退き、進むべきときには主導権の掌握が必須であるということを説きます。

『孫子』はまた、流れを読むことを重視します。国際情勢も、国内政局も、戦況も、経営環境も、全て変化し盛衰による循環を繰り返します。それを読み取り(逃げないためにこそ)流れに逆らわず、(中途で倒れないためにこそ)理屈に外れた無理はしないよう教えます。

その延長線上に、先を見通しつつ相手の意表を突くなど、弱者が強者に勝つための戦略・戦術があるのです。それは、曲線の持つしなやかさを重んじた老子に通じるところがあります。

『孫子』は、多くの指導者に読み継がれました。三国時代の魏の曹操は『孫子』を整理して注釈書を残しています。蜀の天才的軍師・諸葛孔明も、そのライバルであった魏の軍師・司馬仲達も、勿論孫子を体得していました。最近では、あの毛沢東が愛読しています。

またヨーロッパでは、ナポレオンの座右の書が『孫子』であったことは、あまりにも有名です。我が国では、武田信玄が旗印の「風林火山」を『孫子』から採り、徳川家康は『孫子』『呉子』などの「武教七書」を印刷刊行しました。

あるいは、儒学・朱子学者の林羅山は『孫子諺解(げんかい)』を、兵学者にして江戸初期の大思想家であった山鹿素行は『孫子諺義(げんぎ)』を、幕末に多くの志士活動家を育てた吉田松陰は『孫子評註』を、注釈書としてそれぞれ書きました。

『孫子』が歴史を貫いて、帝王学のバイブルの如く読まれてきたのには理由があります。『孫子』は人間探究の書であり、人間の本質とは何か、人間の心理とはどういうものであるかについて、よく研究された書です。そこに多くのリーダーを魅了した理由があるのです。

人間も、他の生物と同様、競い合う存在です。さらに、心理を持った生き物として、怒り合ったり、妬み合ったりして戦います。その最たるものが戦争です。

戦争は、都市が破壊され人が死ぬのですから、心から欲する人はいません。誰も戦乱を願っていないのにも関わらず、戦いが繰り返されてきたのが世界の歴史です。

単なる叩き合いと潰し合いでは、共倒れによる破滅しかありません。だから、一番良いのは、この世から戦いを無くすことです。でも、もしも戦争は人間社会から無くせないものとするならば、次善の策として、可能な限り戦わないで勝てる方法を考えなければなりません。

孫子は、戦争から目を逸らすことなく、人間と戦争について哲学的考察を深めた思想家でした。そうして、観念論や情緒論に流されることなく、勝つための実学の書としてまとめたのが『孫子』なのです。政治にも経営にも、そして人生にも生かせる真理が『孫子』に込められております。(続く)