講義体系「綜学」

幕末維新期の日本人は、「知・情・意」の学問を積むことによって自己成長をとげ、激変の時代に大いに活躍しました。

1. 蘭学・洋学 世界を知る「大局観察」の学 」を広める
2. 国学・神道 日本を掴む「原点認識」の学 」を深める
3. 儒学・陽明学 立志を促す「本氣確立」の学 」を固める

これを平成の現代に置き換えて、林英臣は以下の4項目を講義しています。

1. 大局観察 800年周期の文明法則史学 」を広める
2. 原点認識 大和言葉の縄文日本学 」を深める
3. 本氣確立 中国思想の行動哲学 」を固める
4. 徹底推進 松下幸之助に学ぶ経営道 」を磨く

これらを大木に例えるならば、
原点」は「」……何のため、誰のために生きるのか
大局」は「」……どこまで「我が事」と思えるか
本氣」が「」……本氣になれる「」は何か
徹底」が「枝葉」…どのように成功と繁栄を導くか

合わせて「原・大・本・徹」。
これらが、人生を開花結実させる王道です。

このホームページは、
人生、このまま終わるわけにはいかない!
崩れゆく日本を何とかしたい
自分に出来ることを何か見つけたい!
などと願う方々にご覧いただきたいと願っております。

いま現在の、お立場や年齢・性別など一切関係ありません。
志士になる人も、志士を応援する人も、どうぞご一緒に!
何かやろう」という、小さな種火だけご用意下さいね。